道路の両脇に並行して数百人者若者が騒ぎたて、交通利用者達は仕方なく路肩に車を寄せるか、進路を変更せざるを得ない状況だ。

これまで、ドンナイ省ビェン・ホア市では、違法な暴走族の活動は夜に行われていた。
しかしながら、今年初頭から週末に暴走族の青少年達は昼間から集って騒ぎ、地域住民を不安に陥れている状況だ。

暴走族達が活動している際には数百人者青年達が騒ぎ、交通利用者だけでなく、そこに住む人達はたまったものではない。

ある地域住民の話によれば、暴走族達は日に日に数が増しており、時には数百車にもなる集会が実施されることもあるとのことで、通行人はみんな避けざるを得ないとのこと。

これまで夜が当たり前だった違法な暴走行為が、今では時間帯など関係なくなっているらしい。


ソース:Zing News(2016年2月23日掲載記事)