10月28日朝、ベトナム中央銀行はメディア各社に対し、ビットコインはじめ各種仮想通貨はベトナムにおける合法的な取引通貨ではないとし、仮想通貨の発行、供給、使用するのはベトナムにおいて禁止する旨を通達した。

2012年版議定101、第4条第6項に基づき、現金以外での通貨取引方法として小切手、支払命令書、支払委任状、徴収委任状、銀行発行カード等、国家銀行が定めたもののみ合法だとしており、続いて同第4条の第7項に定義された方法以外での通貨取引は全て非合法であると書かれている。

そのうえで、2014年版議定96、第27条第6項版上記において、上記のような非合法とされる方法での通貨の発行、供給、使用した場合に1.5億VND(約75万円)から2億VND(約100万円)の罰金に処されるとしている。

なお、2018年1月1日から、ビットコインやその他の仮想通貨の発行、供給、使用を行った者に対して、2015年版刑法(2017年に改定済)の206条第1項に従い、処罰するとのことだ。

ベトナムにおける仮想通貨の状況については、ちょうど3日前に、FPT大学がビットコインでの学費払いを認める発表をし話題になったばかりだ。一部では、FPT大学はITの大学として先進的なアイデアで良いのではという意見もあったが、反対に国が管理していない仮想通貨で学費を払うには不安があるという意見も見られた。

これらの意見に対し、FTP大学側の責任者は、ビットコインでの支払いはアフリカや特にナイジェリア等の通貨の持ち出しが困難な学生には便利なものだと説明している。



ソース:TUOI TRE ONLINE (2017年10月28日掲載記事)