ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

2015年03月


タン・ソン・ニャット(Tan Son Nhat)国際空港は、4月10日〜6月25日の期間にて滑走路25R/07Lの利用を制限し、滑走路拡張工事を実施する予定だ。

ベトナム空港総社(ACV)の統計によると、タン・ソン・ニャット国際空港では、毎日6時〜18時での発着陸数は毎時30〜32回行われており、最大時には39回にのぼるという。今回の拡張工事でこの回数は25に制限される為、1時間あたりの発着陸数5〜7回ほど減少し、毎日数十から100のフライトキャンセルが出る見込みだ。

航空局局長のライ・スアン・タィン(Lai Xuan Thanh)氏によると、工事をしていない時でも工事器具等が近隣に置かれている為、安全規定として原則発着陸できないとしている。また、やむを得ず大型機の発着陸がある際には、滑走路25R/07Lを利用する為、全ての工事関連器具等を片付ける必要があるという。

なお、今回の工事期間は4月30日と5月1日のゴールデンウィークとかぶっており、各航空会社のビジネスに大きく影響する為、各社からは8月か9月に延期するよう当局への要請があった。

しかしながら、当局によれば、8月と9月は雨季にあたる為、工事を実施することができないとし、25回を超えるフライト数に応えらる方法が無いかをACVと飛行管理総社(VATM)と一緒に検討しているという。

ソース:VNEXPRESS(2015年3月31日掲載記事)
http://vnexpress.net/tin-tuc/thoi-su/hang-loat-chuyen-bay-co-the-bi-anh-huong-vi-tan-son-nhat-nang-cap-3175443.html
--------------------
‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム社会‬ ‪#‎ベトナム空港‬ ‪#‎タンソンニャット国際空港‬ ‪#‎TanSonNhat‬ ‪#‎ACV‬ ‪#‎VATM‬
 


世界中で8,496ものWebサイトが攻撃されるというLinuxのセキュリティホールShellshockを狙った大規模な攻撃のうち、ベトナムでも89Webサイトが被害にあったという報告があがった。

発表はベトナムのネットセキュリティ会社Bkavによるもので、3月26日から始まったこの攻撃で、被害件数は速いスピードで増加している。

なお、89Webサイト中の2つのWebサイトは教育関連のサイト(ドメインの後ろにedu.vnが付いているサイト)だと報告されている。

BkavのWebセキュリティ室長のター・ドゥック・ティエン(Ta Duc Thien)氏によれば、Shellshockを利用した攻撃は2014年9月に公表されており、本セキュリティホールでホームページの改ざんができるというもの。

この攻撃をしているハッカー達は大多数のWebサイトを攻撃できるように自動攻撃ツールを使っており、現在も攻撃は続いていて、当社でも状況を監視しつづけているという。

Bkavでは現在、各管理者にLinux上で運用されているWebサイトのチェック及びセキュリティホールShellshockを修正したバージョンにアップデートするように呼びかけている。


Bkav社:
http://www.bkav.com.vn/gioi-thieu


ソース:TUOI TRE ONLINE(2015年3月27日掲載記事)
http://nhipsongso.tuoitre.vn/tin/20150327/89-website-viet-nam-bi-tan-cong/726311.html
--------------------
#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナムIT‬ ‪#‎ベトナムインターネット‬ ‪#‎ベトナムネットセキュリティ‬ ‪#‎ベトナム社会‬ ‪#‎Bkav‬ ‪#‎ベトナムアンチウィルス‬‪#‎Shellshock‬ ‪#‎Linux‬ 


ベトナム外国投資庁の報告によれば、2015年初め3ヶ月で日本からベトナムへの新規投資または増資申請は81件で総額約2.95億USD(約356億円)になる。件数で言えば13件増えたが、投資費用は昨年に比べて30%も下がっている。

これにより、日本はベトナムへのFDI国トップ2から外れ、多方面で不安を与えている。少なくとも2014年度は投資額が前年に比べて3分の2も下がっており、JETROの発表によれば特に生産分野への投資が下がっている状況にあり、この分野は日本の海外投資の中心だった。

上記の問題について、外国投資庁副所長ダン・スアン・ワン(Dang Xuan Quang)氏は、日本からのFDI額が下がっているのは一時的なものだと説明した。特に日本とのこれまでの長い国交関係を見れば、なんらのベトナムの信頼がなくなっているとは考えられないとした。

また、ワン氏によれば、昨年末から今年初めにかけて、日本の経済下降、円の価値が下がった影響で日本からの投資額が減ったと見るのが正しいだろうと説明。現状は、円安の状況対して日本政府は国内への投資促進を進めているが、これも一時的なもので、将来的にまた海外投資に戻るだろうと続けた。

■最近の日本の大型投資例
FUJI XEROX:
VNEXPRESSの取材に答えた有限会社FUJI XEROXの山本忠人社長によると、ベトナムは人件費が低く政府の優遇政策も魅力的だと話してくれた。

FUJI XEROXとしては、ハイフォン(Hai Phong)工場での1.2億USD(約14.5億円)の投資の次は、現地調達に向けた計画も進めていく予定だ。

IHIグループ:
日本でのインフラ建設を専門としている当社は2015年のQ1でハイフォン(Hai Phong)工場の活動スタートさせている。投資総額は3400万USD(約41億円)だ。当社の代表取締役副社長の出川定男氏によれば、ハイフォン工場では、当社が世界中で展開している発電所やその他建設に必要な建設機械に必要な鋼鉄を生産するとしている。今年末までに9000トンを生産する予定。

IHIグループの幹部によれば、「IHIからの投資は、日本政府からの強いススメもあり、ベトナムと日本の両政府間から優遇政策も敷かれている。それ以外にベトナムでは人件費が低く、労働能力の脂質も良い、これに加えて優遇政策ににもメリットを感じたと述べた。


上記の例から、外国投資庁としては、ベトナムは日本にとって投資価値のある国だと考えており、現に60〜70%の企業は利益を出している状況だとも説明した。

■FDI減少の理由は法改正待ちか
しかしながら、2015年度の初め3ヶ月のFDI投資額は、日本からの投資額が下がったことも含み、全体では昨年に比べて45%も落ちている事実がある。

外国投資庁のグェン・ヴァン・トアン(Nguyen Van Toan)副所長によれば、アメリカ、EU、日本の各投資家との交流を通じて分かったことは、どの国もベトナムに生産拠点を移したい考えがあり、特にアメリカは積極的に投資したいと感じたが、なぜFDIがこんなに下がったのかが不思議だと話した。

短期的に年始め3ヶ月で評価するのは十分では無いとは思うが、今年は大型のプロジェクトが少なく、また2015年7月1に予定されている企業法の法改正を待っている印象もあるとのことだ、法改正後に状況が改善されることを期待したいと外国投資庁情報課のグェン・ワン(Nguyen Quang)氏は締めくくった。

ソース: VNEXPRESS(2015年3月27日掲載記事)
http://kinhdoanh.vnexpress.net/tin-tuc/doanh-nghiep/cuc-dau-tu-nuoc-ngoai-fdi-tu-nhat-giam-chi-la-nhat-thoi-3174055.html 
--------------------



最近、株式会社Tasco(国営企業、交通インフラ建設専門)が運輸省にベトナム全国でのETCシステムの敷設プロジェクトを提案したことが分かった。提案内容によると投資額は総額1.48兆VND(約83.8億円)で、建設・所有権・運用までを全て投資家が持つBOO(Building - Owner-Operation)モデルでの契約をするとのことだ。
本プロジェクトは、交通インフラを近代化し、道路利用費を回収することでの交通インフラの発展に寄与、手動料金回収所での渋滞の解消、交通利用者の経費軽減、料金回収元の明確化、重量オーバーやサイズオーバー車の発見、関連政府機関が車のトラッフィク量やスピード等を管理できるようにするというものだ。

Tasco社のヴー・ワン・ラム(Vu Quan Lam)社長によれば、 全国にて100箇所以上にETCシステムを導入することで、料金回収の自動化だけでなく、重量計測等もできるので社会経済に大きく貢献できると説明する。

なお、本プロジェクトの計画では、フェーズ1(2015〜2016年)では、ホーチミン市の国道1号線からTay Nguyen省の国道14号線にこの自動料金回収システムを設置し、フェーズ2(2017〜2018年)では、その他全国の国道や高速道路に拡大する予定だ。


3月24日、ホーチミン市1区のマクドナルド店で無料食事セット&プレゼントイベントが行われ、大混雑になった。

この混雑は夜まで続いたが、実は既に日差しが強い朝から長蛇の列ができていた。大勢の人々が無料の食事セットとプレゼント欲しさにつめかけたのだ。

当店によると、23日の20時か24日の20時の24時間限定で当店のドライブスルーを通過する際に”IMLOVINIT”という暗号を言えばそこで無料の食事セット(ハンバーガー1個、1ドリンク、1ポテトフライ)とおもちゃを無料配布するイベントを実施したとのこと。

このイベントの結果、配布されたのは1万セット以上となったとのことだが、参加したあるお客さんによれば、8歳の娘と一緒に列に並んでみたが、後ろからどんどん詰まってきて、バイクの排気ガスで息苦しかったが、後戻りができなかったという。

ソース:TUOI TRE ONLINE(2015年3月24日掲載記事)
http://tuoitre.vn/tin/kinh-te/20150324/duong-ach-tac-vi-khach-tap-trung-nhan-thuc-an-nhanh-do-choi-mien-phi/724934.html
--------------------
#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナムビジネス‬ ‪#‎マクドナルド‬ ‪#‎Mcdonalds‬ ‪#‎ベトナムファーストフード‬ ‪#‎ホーチミンビジネス‬ ‪#‎ベトナムドライブスルー‬
 

このページのトップヘ