ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

2015年09月


先日、情報通信省と公安省の共同捜査チームは、Bach Trieu Phat社とPine Multimedia Technologies社の2社に対して抜き打ち検査を実施し、hayhaytv.vnでの海賊版映画の配信中止を要求していたことが分かった。

9月28日、ホーチミン市にて、情報通信省及び公安省傘下のハイテク犯罪防犯局(C50)の共同捜査チームは、Webサイトwww.hayhaytv.vnにおいて著作権違反の海賊版映画の配信をしているとされるBach Trieu Phat社とPine Multimedia Technologies社の2社に対して抜き打ち検査を実施した。

また、同日の内に当該Webサイトのサーバーを提供しているFPT社、VNPT-Net社に対しても、当サイトのサーバーの封鎖を要請した。現在、hayhaytv.vnへのアクセスはできなくなっている。


■2社ともhayhaytvにて海賊版映画を配信していた

Hayhaytvは、Bach Trieu Phat社が所有するサービスでSNSとして2012年に登場している。このWebサイトでは、オンラインムービー、テレビゲームショー、ミニクリップなどを配信しており、そのほとんどは版権が無い。特に問題になったのは、アメリカ映画協会が所有する版権の映画を配信していることから、同協会の違反サイトリストに入り、情報通信省の方にもクレームが上がっていた。

しかしながら、Hayhaytvはこの版権問題を無視し、広告からの収入とユーザーからの利用手数料を稼いでいた。

当Webサイトでは、Bach Trieu Phat社は映画コンテンツを配信する役割だった。捜査チームの取り調べを受けたBach Trieu Phat社の代表であるチュウ・カック・リン(Trieu Khac Linh)氏によると、映画を初めほとんどのコンテンツは他のWebサイトを参考にしたとのことで、DMMT社が供給する数少ない版権があるコンテンツ以外は全て版権が無かったとのことだ。

また、コンテンツを配信するチームについてはBach Trieu Phat社の正社員の他に契約社員とDMMT社の掲示板会員も含まれている。

それから、Webサイトの技術インフラ面を担当したのはPine Multimedia Technolgies社だ。当社は、インフラの他にデータの標準化及びその他技術サポートをしていた。

上記チュウ・カック・リン氏によると、Bach Trieu Phat社はSNSの運営ライセンスを持っているが、Pine Multimedia Technologiess社に技術サポートを任せているので、Hayhaytv会員の情報については知らないという。

同様に取り調べを受けたPine Multimedia Technologies社の執行役員であるチャン・ヴィエト・アィン(Tran Viet Anh)氏によると、同社がHayhaytvの技術サポートを担当したのは2014年からで、サーバー契約をFPT社とVNPT-NetとSao Bac Dau社の3社と結んでおり、コンテンツはこれらの会社から配信されているとの事だった。

つまり、Bach Trieu Phat社、DMMT社、Pine Multimedia Technologies社の3社が結託して版権違反の映画配信を行っていたことになる。またWebサイトの他にモバイルアプリでも同様にこの3社が配信しているのだ。


■本店所在地はバーチャルオフィス

それからもうひとつ注目すべき点は、Bach Trieu Phat社の法人登記の住所だ。登記上の本店所在地では、「606.B Indochina Park Tower, No.4 Nguyen Dinh Chieu Street、Ward Dakao, 1区, HCMC」となっているが、捜査チームが入った際には、これはバーチャルオフィスでGofficeという会社から賃貸していることが発覚している。

このことは、Bach Trieu Phat社は法人登記上では上記の住所で登記しているが実際にそこで活動していないということだ。彼らはパートナーとの書類のやりとり用に使っている住所にすぎない。この会社のオフィスには一切看板もなく、オフィススペースすら無い状況で、連絡などは全てGofficeの受付が代行して行っていたのだ。


■Hayhayは違反コンテンツの配信を中止すべき

冒頭に述べた9月28日の2社に対する公務にて、捜査チームはこの違反行為の中止を要求。特に著作者の許可が無い映画の配信について要求している。
同時に、2社に対して今後の捜査を進める為、必要な資料等の提出も要求した。


■Hayhaytvのような違反しているWebサイトは多く存在している
現実としてベトナムでは、Hayhaytvのような版権違反の映画を配信しているWebサイトは多く存在しているということだ。
・Pub.vn(現在はPubvn.tvに改名している)
・Phim47.com
・Phim3s.net
・Phimmoi.net
・Hayxemphim.com
・等など

一部のWebサイトでは、文化体育観光省の捜査チームに違反行為を指摘されているが、彼らはドメイン名を変えたりサーバーを海外に移したりと様々な手口で法律を欺いている状況だ。更に一番重大なことは、版権違反だけでなく彼らは消費者から手数料を受け取っているということだ。



ソース:ICT News(2015年9月29日掲載記事)


総統計局の今朝の発表によると、今年第3クォーター時点での国内総生産(GDP)が6.81%の成長率だということが分かった。なお、9月までの経済成長率では6.5%と、ここ5年で一番高い成長率となった。

毎年の9月時点でのGDP成長率

 201020112012201320142015
GDP成長率6.52%5.76%4.73%5.14%5.53%6.5%
6.5%の経済成長率の内、農林水産省の成長率は2.08%で、工業及び建設は9.75%、サービス業が6.17%の成長率だという。

9月までの期間で、工業生産と小売の状況が改善。総統計局によると、工業は前年同期よりも高く、9.8%の成長率を記録。小売と消費サービスの売上も前年同期に比べて9.8%アップ。一方では、物価も9.1%上昇しており、昨年の7.3%よりも高い。

今年初めから現在までに新規に登記された法人数は68,347社で、登録されている資本金は420.9兆VND(約2.25兆円)。法人数は28%の増加、資本金は31%の増加となった。

総統計局局長のグェン・ビック・ラム(Nguyen Bich Lam)氏によると、今年は一次産品市場や世界の金融の複雑な変動があったが、それでも合理的な成長率を維持することができたと評価。
また、今年初めから現在までの消費者物価指数(CPI)も0.4%と、インフレも低い水準に抑えることができたと話す。
それから、マクロ経済政策はそれぞれのタイミングで的確に対処されており、企業の問題に対しても的確な解決策がなされたことが国内の経済を大幅に改善させることができたとしている。


ソース:VNEXPRESS(2015年9月29日掲載記事)


格安航空会社JetstarPacificの報告によると、9月27日夜、ホーチミン市から出発するBL598便にて、ある乗客が乗り込んだ後に勝手に非常扉を開けたことが分かった。

19時50分に出発する予定だった飛行機は、非常扉にあった脱出シュートを収納し直すため、1時間出発が遅れた。違反した乗客は、現在タン・ソン・ニャット空港当局の方で違反処理しているところだ。

本事件後、当便は再出発したが、規定の通り安全確保の為に乗客数34人分を減らしており、これらの乗客は翌日の便に変更されている。

なお、どの飛行機にも非常扉には脱出シュートが設備されており、扉が開くと自動的に飛び出るようになっている。

また、それぞれの脱出シュートも一定数の乗客用の脱出用に用意されており、脱出シュートがどれか使えなくなるとその割合分だけ乗客を減らさなければならない決まりになっているのだ。
なお、脱出シュートの取り付け直しには数億VND(百数十万から数百万円)かかるということが分かっている。

この事件は、ダナン行きのBL598便を遅らせただけでなく、他の便にも影響しており、例えば21時50分出発予定だったダナンからホーチミン市行きのBL599便がこの影響を受け、上記同様の乗客数規定に従って一部の乗客が、翌日の便に変更を余儀なくされた。


ソース:VNEXPRESS(2015年9月28日掲載記事)


イェップ・バオ・ゴック(Diep Bao Ngoc)、マン・ティエン(Man Tien)、キュウ・チン(Kieu Trinh)などが、アップルの最新商品を手に入れたベトナムのホットガール達だ。


■イェップ・バオ・ゴック(Diep Bao Ngoc)

イェップ・バオ・ゴックは、ベトナムで初めてiPhone 6s ゴールドピンクを所有したホットガールだと言えるだろう。1993年生まれのこのホットガールはこのモデルの128GBを3千万VND(約16万円)で購入している。
既に1児の母であるホットガールによると、iPhone 6s は今までのモデルの中で一番重く感じるが、色は写真よりもきれいだと伝えた。

また、イェップ・バオ・ゴックによると大のピンク好きだと教えてくれた。その為、iPhone 6sがゴールドピンクを出したと聞いた時に、ベトナムで一番最初にこの携帯の所有者になれるよう、すぐに商品の予約をしたそうだ。

イェップ・バオ・ゴックはサイゴンの有名ホットガールで、子供を出産後に”Ai My Nhan”という映画で復帰している。




■マン・ティン(Man Tien)

マン・ティエンは、他のホットガールよりも幸運でiPhone 6S を日本で直接手に入れている。留学の準備の為、この日出ずる国に渡ったばかりこのホットガールはすぐにアップルの最新商品を購入した。欠けたりんごの信者だと認めるマン・ティンは、今回のiPhone6sの女性的なデザインをかなり気に入っていると伝えてくれた。



■キュウ・チン(Kieu Trinh)

”絵に描いたような美しさ”と言われているキュウ・チンもFacebookで箱から出したばかりのiPhone 6Sを披露してくれた。90年代生まれのこのホットガールによると、このiPhone 6Sは機能を確かめる為に友人から借りたのだという。
また、キュウ・チンによると、iPhone 6Sゴールドピンクは外見だけでは、以前のiPhon6と6Plusとほとんど同じに見えるとのことだ。



■グェン・ビック・ハン(Nguyen Bich Hang)

グェン・ビック・ハンは、iPhone 6Sゴールドピンクと一緒に写っている写真を投稿し3,000Like以上を集めた。ダン・グェン(Dang Nguyen、歌手ダン・コイの弟)の妻であるこのホットガールは、ネット上ではかなり有名で現在20万Followerがいるほどだ。
ビック・ハンによると、iPhone 6Sに現れるのを聞きつけた彼女はすぐに友人との”テクノロジー競争”の為に買いに行ったという。




■アンジェラ・フォン・チン(Angela Phuong Trinh)

アンジェラ・フォン・チンも、Facebookでおしゃれに”I love pink”というステータスを投稿し、この新しいスマートフォンを自慢した。この”若いお母さん”によると、女性らしさを追い求める自分のスタイルと仕事にも便利ということで早速購入したのだという。



■DJ クィン・ニー(Quynh Nhi)

一方で、DJ クィン・ニー(Quynh Nhi)は、友人を誘ってシンガポールに行き、25時間も並んでiPhone 6Sを買っている。不運にもゴールドピンクを手に入れらね買った彼女は、128GBの灰色を購入したという。iPhone 6Sで一番気にいいている機能は、前方カメラが5MPで後背カメラが12MPにグレードアップした点だという。



ソース:Zing News(2015年9月27日掲載記事)
--------------------
‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナムエンタメ‬ ‪#‎ベトナム社会‬ ‪#‎ベトナム文化‬ ‪#‎ベトナムホットガール‬ ‪#‎HotGirl‬ ‪#‎DiepBaoNgoc‬ ‪#‎ManTien‬ ‪#‎KieuTrinh‬‪#‎NguyenBichHang‬ ‪#‎AngelaPhuongTrinh‬ ‪#‎QuynhNhi‬


情報通信省検査主任のダン・アィン・トゥアン(Dang Anh Tuan)氏によると、SMSスパム配信会社に対する違反処理書にサインしたばかりだという。

今回違反処理されたのは、下記の3社で罰金総額は1.65億VND(約88万円)だ。

1)株式会社Thai Son BQP投資(ハノイ)
 代表:グェン・ハイ・フン(Nguyen Hai Hung)
 所有配信番号:7x74
 違反金:4,500万VND(約24万円)
 罪状:SMSスパムの配信。

2)株式会社3H Vietnam 通信(ハノイ)
 代表:ダオ・ミン・ホアン(Dao Minh Hoang)
 所有配信番号:6x27
 違反金:7,000万VND(約37.4万円)
 罪状:SMSスパムの配信行為。コンテンツを配信しているにも関わらず料金や解約に関する記載が無い。

3) 株式会社Bee Mobile技術&通信(ハノイ)
 所有配信番号:7x84
 違反金:5千万VND(約26.7万円)
 罪状:SMSスパム配信行為。コンテンツを配信しているにも関わらず料金や解約に関する記載が無い。ギャンブル関連のコンテンツ配信。



ソース:Zing News(2015年9月24日掲載記事)
--------------------

このページのトップヘ