ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

2016年01月

‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム日本ニュース‬ ‪#‎ベトナムマグロ‬ ‪#‎ベトナム漁業‬
--------------------

ビン・ディン(Binh Dinh)省の漁師達によって捕獲されたマグロ8本が、日本の競りに参加。
一番高値が付いた39kg級のマグロは、1600円/kgで(総額1200万VND相当)落札された。


Zing.vnの取材に答えてくれた、ビン・ディン省農業・農村開発局副局長のチャン・ヴァン・フック(Tran Van Phuc)氏によると、この8本のマグロはビン・ディン省で捕獲され、競りに参加する為日本に送られたのだという。

この内、39kgの大洋マグロは1,200万VND(約6万4千円)で落札された。通常この種類のマグロの平均kg単価は1,240円/kg(約23,600VND)だという。

また、フック氏によると今回のマグロ8本(合計約390kg)は、専門家の検査に合格してから日本の競りに送られたとのことで、一番高値で落札されたのは単価1600円/kg(約30万5千VND/kg)で、低かったのは950円/kg(約18万1千VND/kg)だったとのことだ。

日本の水産専門家達によると、今回ビン・ディンで捕れたマグロは日本市場で売られているマグロと品質がほとんど違わないとのこと。もし、このまま開拓・処理・保管面でいくつかの問題をクリアすることができれば、更に品質が良くなりもっと高値で売れるとのことだ。

現在、ビン・ディン省には漁船が9,600隻以上あり、その内1,200隻が大洋マグロを獲っている。2016年1月だけで730隻が出航し、大洋マグロを1,000トンを捕獲、2015年同期より7%多く捕れている。

また、ここ数日でも大当たりが続き、1隻あたり1.4〜1.8トンの収穫があったとのこと。
経費を差し引くと1隻あたりの利益は1〜1.5億VND(約53.5万円〜80万円)とのことなので、家族と楽しい旧正月を迎えられる模様だ。

現在、ビン・ディン省では、マグロ漁船25隻に日本の技術を用いた大洋マグロ釣り用の設備を取り付け試験運用中。また、日本の加藤グループとの提携の元、関連機関のメンバー及び120名の漁師の訓練プロジェクトを展開、処理改善・品質向上に努めている。

まず、輸出規準を満たしたマグロ漁師から、株式会社ビンディン水産がkgあたり17万VND(約円)で買い付けている。更に、日本の技術を用いたマグロ捕獲プロジェクトに参加している漁師達は、kgあたり5万VNDの補助金が付き、買い付ける企業も市場値段より20%高値で買ってもらえることになっている。


ソース:Zing News(2016年1月24日掲載記事)


2016年の困難については予め投資家達に警告されていたことだが、まさか年開始早々からこんなに株価下落が続くことを想像した人は少ないであろう。

年初来、ベトナム証券市場の11日間の下落で、2015年の成長ポイントをほぼ失った形となった。

VN-INDEXの53ポイントの下落で、526ポイントとなり、2015年度の一番低い水準までに下落した形だ。HNX-INDEXも7ポイント下落し73ポイント水準までに後退した。

赤い数字が立て続けに掲示板に表示されたことに伴い、市場資本価値は急落した。

2週間ちょっとの期間で、113.332兆VND(50.5億USD、約6,060億円相当)が市場から消えたのだ。

HOSEの市場資本価値は102.215兆VND(約5,466億円)の下落、HNXが11.107兆VND(約594億円)の下落。

ホーチミン市の証券市場の11回の取引での外国人売り越し額は5,320億VND(約28.4億円)に達し、反対にハノイ証券市場では、外国人の購入額が610億VND(約3.3億円)に達した。

今回の証券市場の急落を受け、多くの証券市場を代表する富豪達は、かなりの資産価値を失った。

・HPG(株式会社Hoa Phatグループ、鉄鋼生産業、HOSE)

株価総額は44億VND(約2,352万円)の下落。
当社会長であるチャン・ディン・ロン(Tran Dinh Long)氏の所有株式資産は、8,110億VND(約43億円)減り、4.571兆VND(約244億円)まで落ち込んだ。同様に、会長婦人のヴ・ティ・ヒェン(Vu Thi Hien)氏も2,350億VND(約13億円)を失った。

・HAG(株式会社Hoang Anh Gia Lai、複合企業、HOSE)とHNG(株式会社国際農業Hoang Anh Gia Lai)

両社の株価は、それぞれ1,100VND(約6円)と4,800VND(約26円)の下落。
会長であるドアン・グェン・ドゥック(Doan Nguyen Duc)氏の資産価値は3,820億VND(約20億円)減り、3.234兆VND(約173億円)に落ち込んだ。

・MSN(株式会社MaSanグループ、複合企業、HOSE)
当社の株価は、連続赤表示が続いたことで7,500VND(約40円)下落。
取締役委員会メンバーのグェン・ホアン・イェン(Nguyen Hoang Yen、女性)氏の資産価値は1,960億VND(約10.5億円)減っている。

・MWG(株式会社モバイルワールド投資、モバイル電子機器通信販売業、HOSE)
株価は、9,500VND(約51円)の下落。
会長であるグェン・ドゥック・タイ(Nguyen Duc Tai)氏の資産価値は、2,150億VND(約11.5億円)を失った。

・SSI(株式会社サイゴン証券、HOSE)
株価は、3,100VND(約17円)の下落。
PAN(株式会社PANグループ、環境衛生、HOSE)も3,000VND(約16円)下落したことで、会長であるグェン・ユイ・フン(Nguyen Dui Hung)の資産価値は、1,900億VND(約10億円)を失った。

・その他

その他に、ベトナム証券市場の代表的な大富豪達も今回の下落により資産価値を失っている。

例えば、Kinh Bac不動産開発社会長のダン・タィン・タム(Dang Thanh Tam)氏は、1,660億VND(約8.9億円)の資産価値消失。

続いて、Hung Vuong水産社会長のユーン・ゴック・ミン(Duong Ngoc Minh)氏は、1,030億VND(約5.5億円)の資産価値消失。

FPT社会長のチュオン・ザー・ビン(Truong Gia Binh)氏も960億VND(約5.1億円)の資産価値を失った。


上記とは反対に、大富豪一族のファム・ニャット・ヴーン(Pham Nhat Vuong)氏(VINGroup会長)の資産価値は大幅に上昇、当社株価は1,800VND(約10円)上昇した。
一族全員の資産価値は32.563兆VND(約1,741億円)になり、2015年度末に比べて1.235兆VND(約66億円)も上がっているのだ。

現時点において、ベトナム証券市場に好材料なニュースが無く、中国の証券市場恐慌や世界経済の低迷が続いている為、専門家達によればVN-Indexはこのまま510〜520ポイントまで下がるであろうと見ている。

先日、ベトナム証券市場2015年度の出来事TOP10の発表会の際に、国家証券委員会会長であるヴ・バン(Vu Bang)氏は2016年度は2015年度よりも多くの困難に見舞われるであろうというコメントをしおり、今後、市場関係者は仕組みの早期改善に努め、リスク管理の徹底が求められる。


ソース:VNEXPRESS(2016年1月19日掲載記事)


グェン・ハー・ドン(Nguyen Ha Dong)氏の.GEARS社が初めて日本企業と手を結び共同制作したモバイルゲームが間もなくリリースされるという。

実力のある開発者としての名声を確実なものにする為、FlappyBirdの作者は、先月リリースされたばかりのSwing Copters2に続き、日本企業とモバイルゲームを共同制作する「N Project」と呼ばれるプロジェクトを公表した。

今回のプロジェクトは、.GEARS社と日本企業Obokaidemの初めての共同制作プロジェクトだ。
両社どちらともモバイルインディーズゲーム制作会社だと知られている。

Obokaidem社のゲームスタイルは.GEARSのゲームと類似しており、彼らも8bitピクセル画タイプのゲームに特化している。
代表例としては「PICK-XELL」というゲームだ(穴を掘り進んでダイヤモンド等のアイテムを発掘するアーケード型ゲーム)。

なお、現時点ではまだN Projectで制作されるゲームの内容については明らかになっていないが、パブリッシャーサイドからは今年中にiOS版でリリースする予定だとのことだ。
ちなみに、
Flappy Birdのようにヒットするかどうは、全く予想できない。


.GEARSについて
dotGEARSとも呼ばれる当社は、グェン・ハー・ドン氏によって設立されたモバイルゲーム制作会社だ。
当社のゲームはピクセル画ゲームに特化しており、シンプルだが難易度が高いというのが特徴だ。
2013年5月にリリースされたFlappyBirdは、2014年1月に突如大ヒットしたが、2月10日には取り外されている。
28日間で数千万ダウンロードを記録したこのゲームは、作者に1日50万USDの収入をもたらしたとされている。
なお、Flappy Birdは、AppStore史上類を見ない現象とされており、.GEARS社は最近Swing Copters2というゲームもリリースしたばかりだ。

Obokaidemについて
Obokaidemはマルチデバイス対応のゲーム(PC・モバイル向け)を制作している日本の会社だと知られているが、実際には当社のモバイルゲームへの注目度の方が高い。
当社のゲームもピクセル画ゲームに特化しており、ゲームプレイに凝っているが比較的遊びやすい。
なお、一番注目されているゲームは「Green the Planet」というゲームで、日本のGooglePlayの2015年度ゲームアプリの中で一番評価が高かったゲームだ。
ちなみに、当社の最新ゲームは「PICK-XELL」というタイトルで全世界に配信されている。



ソース:ZingNews(2016年1月13日掲載記事)

#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム自動車‬ ‪#‎TOYOTA‬ ‪#‎Vios‬‪#‎Innova‬ ‪#‎CamryAltis‬ ‪#‎Corolla‬ ‪#‎Fortuner‬ ‪#‎Mazda‬ ‪#‎Honda‬ ‪#‎Ford‬ ‪#‎Kia‬
--------------------

ベトナム自動車生産協会(VAMA)が発表した2015年販売台数ランキングによると、TOYOTAのViosが販売台数13,000台超えの1位を飾り、その他にはInnova、Fortuner、Corolla Altis、CamryもTOP10入している。
 
(※画像下に日本語訳あり) 

1位:Vios(TOYOTA)
・販売台数:13,761台
・価格帯:5.7億〜6.49億VND(約305万円〜347万円)

2位:Innova(TOYOTA)
・販売台数:9,985台
・価格帯:7.58億~8.67億VND(約405万円~463万円)

3位:Fortuner(TOYOTA)
・販売台数:9,778台
・価格帯:9.47億~11.95億VND(約506万円~639万円)

4位:Ranger(Ford)
・販売台数:8,685台
・価格帯:6.16億~9.21億VND(約329万円~493万円)

5位:Morning(Kia)
・販売台数:8,376台
・価格帯:3.32億~4.25億VND(約178万円~227万円)

6位:Mazda3(Mazda)
・販売台数:6,014台
・価格帯:7.29億~8.62億VND(約390万円~460万円)

7位:Corolla Altis(TOYOTA)
・販売台数:5,788台
・価格帯:7.64億~9.54億VND(約408万円~510万円)

8位:Mazda CX-5(Mazda)
・販売台数:4,768台
・価格帯:10.84億~11.38億VND(約408万円~510万円)

9位:Camry(TOYOTA)
・販売台数:4,669台
・価格帯:11.22億~14.14億VND(約600万円~756万円)

10位:Honda CR-V(Honda)
・販売台数:4,533台
・価格帯:10.08億~11.58億VND(約539万円~619万円)


ソース:ZingNews(2016年1月13日掲載記事)
--------------------

このページのトップヘ