ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

2016年02月


Jobstreetベトナムが2000人の候補者に実施した調査結果によると、67.8%の人達が現職を退職して新しい仕事を探したいとしているという。その理由の多くは、自分を育成し・キャリアアップになるような企業への就職を望んでおり、福利厚生にはあまり興味が無いのだという。


■職業・能力などで様々な差異が見られる

Jobstreetベトナムの代表であるAngie S W Phang(女性)氏によると、テト明け後の求人依頼数は急増しており、テト明け1周間だけで売上が急増し、今までの1ヶ月分の売上と同じになったのだという。どの職種からも求人掲載依頼が相次ぎ、数量が4倍にもなったとのこと。

その内、一番求人数が多い分野は営業と接客業で、2月15日〜20日の数日間だけで、掲載数はテト前の2〜3週間分に相当するという。

同氏曰く、ここで一番重要な点は、”求人をする企業は、事業拡大をする為の求人ではなく、退職者の入れ替わり要員として求人をしている”という状況だということ。

Jobstreetベトナムは、同様に求人企業350社にもアンケートを実施し、75%の企業が第1クォーターと第2クォーターに人事変動ありと答えた内、68%がテト明け後が一番求人ニーズが高いと認めている。

しかしながら、職業によってかなり差異があるという。2016年1月までのデータによると、総務、営業、接客、IT業が一番求人ニーズが高いという(全体の求人数の40%を占めている)。

一方で、ホーチミン市の人材需要予測センターの副センター長であるチャン・アィン・トゥアン(Tran Anh Tuan)氏のコメントでは、テト明け後にニーズが急増するのは、一般労働レベルに集中しているという。

2016年2月期の定期調査報告によると、企業1,546社が12,437ポジション分の採用ニーズがあり、1月に比べて6.29%上がっている。なお、人材については、5,374人が求職ニーズがあったという。

採用ニーズが多い順で、営業部門が25%以上。続けて、サービス・旅行・ホテルだ。縫製・革部門は転職意思がかなり低く2.77%。

求人で提示された給与については、500万〜800万VND(約2.7万円〜約4.3万円)が25.64%、800万〜1000万VND(約4.3万円〜約5.3万円)が23.08%、一番高いのは1000万〜1500万VND(約5.3万円〜約8万円)で51.28%を占めていた。



■企業が転職対策をする必要がある

様々な調査結果で見て取れるのは、ここ1年〜2年で人材の就職傾向が以前と比べて変わっているということだ。
多くの若い人達は、なんらかの目標を既に定めていたり・別の付加価値を求めており、目先の福利厚生に注目しなくなったと言われている。

人材のほとんどは、大手企業で働くより良い会社に勤めたいと言っている。

特に、これからベトナム以外のマーケットに事業拡大を図っている企業で、選択肢が広がりそうな会社を好んでいる。
また、多くの若い人達は、3〜5年かけて海外で経験を積んでも良いと言っている。

上記Angie S W Phang氏によると、2016年は企業にとって人材の維持、特に優秀な人材の維持競争がかなり熾烈になるであろうということ。

なぜなら、ベトナムがAEC(アセアン経済共同体)の加盟国であり、ベトナム労働者は共同体の各国で働くチャンスがあるからだという。特に一般労働者ならばなおさら外に出るチャンスが多く、低賃金であることが魅力となっている。

反対にベトナムは東南アジア諸国の中で一番海外からの投資魅力が高いという利点を持っているが、他の国から労働者を雇用する為にはその準備、給与体系、賞与体型、育成制度などが整っていない為、難しいであろうと予想される。

今後、この変化に対応する為には、ベトナム企業は予め退職者の穴埋めをする為の予算を準備しなければならず、採用計画・会社のブランディングの為の予算を準備しないといけないのだ。



ソース:Zing News(2016年2月29日掲載記事)


年始の集客の為、ホーチミン市にある会社やショプで、ノートPC、携帯電話が1,000VND~7,000VND(約5円~37円)で買える抽選イベントが催された。

一般的に年始は、ベトナム消費者の購買ニーズが下がる為、ホーチミン市にある多くのショップでは、お客さんが少ない。その為、集客をする為、多くの店舗では、ノートPCや携帯電話・金などが当たる抽選イベントが催されている。

5区にある某家電ショップのオーナーによると、テト休暇後かなり売れ行きが悪く、1日の購入数が10件にも満たないこともあるという。他の区でのショップも同様にお客さんが少ない状況だ。その為、集客する為この会社は何かしら購入してくれたお客さんに当選確率100%の抽選大会を催したという。

なお、家電量販店では、最大30%OFFセールなどを実施したが全く効果が無い状況だ。

チャン・フン・ダオ通りにある家電量販店の某スタッフによると、テト前の年末に多くのお客さんが売り切りセール品を沢山買った為、年始は購買力が落ち、ほとんどの人はもうセールオフに興味が無くなるとのことだ。更に、各ブランドも新モデルが出すタイミングでもないので旧モデルでは売りようがないという。

しかしながら、抽選イベントや購入した総額の9割をお年玉として差し引いてくれるなどのイベントはお客さんの心をつ
かんでいるようだ。ドライヤー、アイロン、電子ジャー等などが賞品対象となっている。

取材に応じた1区在住の消費者によると、そんなに購入したいわけではなかったが、この抽選イベントで賞品を当てる為に安い商品を購入して参加したという。

従来の割引キャンペーンをやらず、衝撃的な安値で販売し、実際に当選率を見せることで集客しているところもある。
例えば、5区のフンヴオン通りにある某テクノロジーサービス会社では、携帯電話が7,000VND(約34円)、ノートPCが1,000VND(約5円)を提供さらに、金を39枚プレゼントするキャンペーンを実施した。

このキャンペーンは全てFacebookで実施され、毎日1,000VND〜1万VND(約5円〜50円)の特別価格の商品が掲載される。参加したい人は当該Facebookページ上で自分の人民ID下3桁を書き込むだけだ。なお、当選仕組みは、毎日発表される北部宝くじの当選番号と先ほどの下3桁の番号と一致した人に特別価格の商品を買う権利がもらえるというものだ。

上記のキャンペーンを実施した会社代表のアィン氏によると、このキャンペーンで1日あたり約100〜200万人の参加者がいたという。というのも人民IDでの参加は比較的にお手軽だからだ。但し、人民ID下3桁が同じ人は沢山いるため、店舗に一番早く来た人が買えるという条件も付いている。

それから、同氏によると今回のキャンペーンの目的は、多くの人にお店にある商品を知ってもらう為だという。実際に、キャンペーンにかかるコストも大きいが、広告に使う費用とあまり変わらず、その上、お客さんとの直接的なつながりが得られやすいとのことだ。

1,000VND(約5円)のノートPCを購入できた9区に住むティンさんによると、年始から色んなキャンペーンに参加しているとのこと。同氏の経験によれば、年始はキャンペーンが多く、さらに魅力的な賞品が当選しやすい傾向にあるそうだ。なお、このキャンペーンは1ヶ月も実施され、毎日抽選なので当選確率が高いという。

一方では、この種類の新しいキャンペーンに対して疑いを持っている人達もいる。タンビン区に住む女性ハィンさんによると、以前にハノイに住んでいた時にこの種類の衝撃価格キャンペーンのことを知っていたという。

その時に1,000VND(約5円)で20万VND(1000円)の価値があるお鍋を買う時も行列に並んだが、並んでいる人が多すぎてお店が押し合いの大混雑になった為、お店の方からキャンペーン商品はもう無くなったという通知があったという。

ハィンさんは、今回のような人民ID下3桁が当選番号という抽選の仕組みについて、例えば下3桁が同じ人達が同時にお店に2〜3人到着した場合は主催者側はどうするのか、3人共買えるのかそれともまたそこで抽選するのかという疑問を投げかけた。



ソース:Zing News(2016年2月24日掲載記事)


道路の両脇に並行して数百人者若者が騒ぎたて、交通利用者達は仕方なく路肩に車を寄せるか、進路を変更せざるを得ない状況だ。

これまで、ドンナイ省ビェン・ホア市では、違法な暴走族の活動は夜に行われていた。
しかしながら、今年初頭から週末に暴走族の青少年達は昼間から集って騒ぎ、地域住民を不安に陥れている状況だ。

暴走族達が活動している際には数百人者青年達が騒ぎ、交通利用者だけでなく、そこに住む人達はたまったものではない。

ある地域住民の話によれば、暴走族達は日に日に数が増しており、時には数百車にもなる集会が実施されることもあるとのことで、通行人はみんな避けざるを得ないとのこと。

これまで夜が当たり前だった違法な暴走行為が、今では時間帯など関係なくなっているらしい。


ソース:Zing News(2016年2月23日掲載記事)


2月21日朝8時、ダナンのタク・ザン湖にて、大勢が見ている前である青年が溺れていた。

青年はひたすら助けを求めていたにも関わらず、周辺にいた住民は誰も助けようとせず、笑い話をしたりその様子を撮影したりするだけだった。1人たりとも助けようとはしなかったのだ。

しばらくして、青年が完全に沈んでいるのを見て、初めて助けを呼ぶ声が上がった。
その後に2人の男性が湖に飛び込み15分ほどかかって被害者を引き上げたが、溺れた青年は既に死亡。

地域公安の調べで被害者の身元が明らかになったが、現在詳しい事情調査が進められている。


ソース:Bao Giao Thong(2016年2月21日掲載記事)


現状、各キャリアが実施しているスパムSMS監視システムは約330万通ほどしか遮断できておらず、現実的な数量とはほど遠い。

Bkavグループの統計によれば、2015年後半6ヶ月においてのスパムSMS配信数は1,390万通あり、2014年同期間と比べて40万通ほど増えている。特に、祝日・テト(旧正月)期間などの休暇期間中は、携帯電話の利用ニーズが増える為、それに伴いスパムの配信数も急激に増えている。
この状況に対して、各キャリアが遮断できているのはわずか330万通しかないのだ。

また、Bkavグループの専門家によると、スパムSMSの主な配信元は、使い捨てSIM、OTT(無料SMS配信サービス)、デジタルコンテンツサービスからの配信の3種類だという。原因としては、配信にかかる費用に比べて期待できる利益が大きいことと、プリペイド型SIMの登録管理制度が徹底されていないことから多くの人がこれを悪用しているのだ。

なお、今年のテトに関して、情報通信省情報安全局局長のグェン・タィン・ハイ(Nguyen Thanh Hai)氏の報告によると、昨年のテトよりもスパムの配信数はかなり下がったとのこと。各キャリアで遮断できた配信元は約12万件で同期間に比べて4倍増えている。また、遮断間違いのクレームも来ていないとのこと。

2015年、各通信キャリアが遮断できたスパム配信元は約100万件近くに上り、違法SMSサービス番号を361件のサービスを停止、更に52件解約している。

更に情報通信省によると、現状のプリペイドSIMの管理はかなり困難な状況にあるという。というのも制度がかなりゆるい状態にあり、マーケットに既にアクティベートされているSIMがあふれている為、通信キャリア各社も手に負えない状態だとのことだ。
 
最近、情報通信省によって主催された関連会議では、5分間以内に送信できるSMS数を5通まで、1時間以内は20通まで、1日50通まで、プリペイドでも後払いと同じように契約書での登録義務を課すなどの具体的な提案も出されている。


ソース:VNEXPRESS(2016年2月21日掲載記事)

このページのトップヘ