ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

カテゴリ: ベトナム証券


2016年の困難については予め投資家達に警告されていたことだが、まさか年開始早々からこんなに株価下落が続くことを想像した人は少ないであろう。

年初来、ベトナム証券市場の11日間の下落で、2015年の成長ポイントをほぼ失った形となった。

VN-INDEXの53ポイントの下落で、526ポイントとなり、2015年度の一番低い水準までに下落した形だ。HNX-INDEXも7ポイント下落し73ポイント水準までに後退した。

赤い数字が立て続けに掲示板に表示されたことに伴い、市場資本価値は急落した。

2週間ちょっとの期間で、113.332兆VND(50.5億USD、約6,060億円相当)が市場から消えたのだ。

HOSEの市場資本価値は102.215兆VND(約5,466億円)の下落、HNXが11.107兆VND(約594億円)の下落。

ホーチミン市の証券市場の11回の取引での外国人売り越し額は5,320億VND(約28.4億円)に達し、反対にハノイ証券市場では、外国人の購入額が610億VND(約3.3億円)に達した。

今回の証券市場の急落を受け、多くの証券市場を代表する富豪達は、かなりの資産価値を失った。

・HPG(株式会社Hoa Phatグループ、鉄鋼生産業、HOSE)

株価総額は44億VND(約2,352万円)の下落。
当社会長であるチャン・ディン・ロン(Tran Dinh Long)氏の所有株式資産は、8,110億VND(約43億円)減り、4.571兆VND(約244億円)まで落ち込んだ。同様に、会長婦人のヴ・ティ・ヒェン(Vu Thi Hien)氏も2,350億VND(約13億円)を失った。

・HAG(株式会社Hoang Anh Gia Lai、複合企業、HOSE)とHNG(株式会社国際農業Hoang Anh Gia Lai)

両社の株価は、それぞれ1,100VND(約6円)と4,800VND(約26円)の下落。
会長であるドアン・グェン・ドゥック(Doan Nguyen Duc)氏の資産価値は3,820億VND(約20億円)減り、3.234兆VND(約173億円)に落ち込んだ。

・MSN(株式会社MaSanグループ、複合企業、HOSE)
当社の株価は、連続赤表示が続いたことで7,500VND(約40円)下落。
取締役委員会メンバーのグェン・ホアン・イェン(Nguyen Hoang Yen、女性)氏の資産価値は1,960億VND(約10.5億円)減っている。

・MWG(株式会社モバイルワールド投資、モバイル電子機器通信販売業、HOSE)
株価は、9,500VND(約51円)の下落。
会長であるグェン・ドゥック・タイ(Nguyen Duc Tai)氏の資産価値は、2,150億VND(約11.5億円)を失った。

・SSI(株式会社サイゴン証券、HOSE)
株価は、3,100VND(約17円)の下落。
PAN(株式会社PANグループ、環境衛生、HOSE)も3,000VND(約16円)下落したことで、会長であるグェン・ユイ・フン(Nguyen Dui Hung)の資産価値は、1,900億VND(約10億円)を失った。

・その他

その他に、ベトナム証券市場の代表的な大富豪達も今回の下落により資産価値を失っている。

例えば、Kinh Bac不動産開発社会長のダン・タィン・タム(Dang Thanh Tam)氏は、1,660億VND(約8.9億円)の資産価値消失。

続いて、Hung Vuong水産社会長のユーン・ゴック・ミン(Duong Ngoc Minh)氏は、1,030億VND(約5.5億円)の資産価値消失。

FPT社会長のチュオン・ザー・ビン(Truong Gia Binh)氏も960億VND(約5.1億円)の資産価値を失った。


上記とは反対に、大富豪一族のファム・ニャット・ヴーン(Pham Nhat Vuong)氏(VINGroup会長)の資産価値は大幅に上昇、当社株価は1,800VND(約10円)上昇した。
一族全員の資産価値は32.563兆VND(約1,741億円)になり、2015年度末に比べて1.235兆VND(約66億円)も上がっているのだ。

現時点において、ベトナム証券市場に好材料なニュースが無く、中国の証券市場恐慌や世界経済の低迷が続いている為、専門家達によればVN-Indexはこのまま510〜520ポイントまで下がるであろうと見ている。

先日、ベトナム証券市場2015年度の出来事TOP10の発表会の際に、国家証券委員会会長であるヴ・バン(Vu Bang)氏は2016年度は2015年度よりも多くの困難に見舞われるであろうというコメントをしおり、今後、市場関係者は仕組みの早期改善に努め、リスク管理の徹底が求められる。


ソース:VNEXPRESS(2016年1月19日掲載記事)


7月6日、JVC(ベトナム日本医療機器会社:証券コードJVC)の経営戦略会議に集まった投資家達(主に外国株主)から、会長兼社長を務めていたレ・ヴァン・フォン(Le Van Huong)氏が拘留された事について一体何が起きているのかの質問が集中した。

JVCの20%近くの株式を所有する大株主である投資ファンドDI(ドリームインキュベーター)の代表は、事の真相を確認し具体的な解決策を出す為に直接ベトナムに来たという。
 
DIとしては、フォン氏が設備のシールを変えた等様々な噂を聞いているが、実際のところなぜフォン氏が拘留されているのかが分からないという。投資家としては事の真相がはっきりしていない為、政府機関にどのようなサポートをしてもらえれば良いのか具体的な解決提案ができなくて困っているとのことだ。
 
現任の会長である細野恭平氏によると、フォン氏は既にベトナムにある各病院との親密な関係構築ができており、更に販売能力も高かった為、現状フォン元会長不在によりJVCの営業活動に支障が出ているのは間違いないという。

その為、JVCとしてはすぐに営業活動の軌道に戻す為、販売管理システムの再構築を決定。これまで、フォン氏の縁故関係で成り立っていたコネクションを既存の販売チームに引き継ぎ、またそれだけでなく、当社も積極的に各病院を訪れてJVCの経営は継続していることを示すという。
 
今後、日本の投資家達のサポートにより、当社は通常通りの営業活動に戻すことができると信じているとのことだ。なお、現在JVCへ商品供給をしている90%は日立、富士フィルム、コニカ等日本の会社からだ。

日立の代表によるとJVCとは既に10年以上と取引しており、当社の商品のベトナムマーケットで販売する際の最重要パートナーだという。「日本政府からのODAも医療分野が重要項目になっており、このことからも日立とJVCは今後も良好な取引関係を継続するつもりだ」と語った。

JVCはこれまで多くの国内外の投資家達に注目されていた優良株だったが、元会長兼社長が逮捕されたことが影響し、2015年6月に入って株式が売却され連日底値を続けた。

JVCが証券委員会に提出した公文内容によると、フォン氏が顧客を騙した罪でハノイの公安によって起訴されたという。その後、当社はすぐに人事変更を行い、株主を安心させるよう様々な対処をしているが、現在、当社の株はホーチミン証券市場で警戒株として扱われている。

なお、15日連続の底値の後、当社の本日の株価は3日連続の天井値で取引終了し、9,200VNDで終わっている。


ソース:VNEXPRESS(2015年7月6日掲載記事)
--------------------
#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム証券市場‬ ‪#‎JVC‬‪#‎VietNhatMedicalInstrumentJointStockCompany‬ ‪#‎JVC事件‬ ‪#‎DI‬ ‪#‎ドリームインキュベーター‬ ‪#‎細野恭平‬

このページのトップヘ