ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

カテゴリ: ベトナム日本ニュース

‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム日本ニュース‬ ‪#‎ベトナムマグロ‬ ‪#‎ベトナム漁業‬
--------------------

ビン・ディン(Binh Dinh)省の漁師達によって捕獲されたマグロ8本が、日本の競りに参加。
一番高値が付いた39kg級のマグロは、1600円/kgで(総額1200万VND相当)落札された。


Zing.vnの取材に答えてくれた、ビン・ディン省農業・農村開発局副局長のチャン・ヴァン・フック(Tran Van Phuc)氏によると、この8本のマグロはビン・ディン省で捕獲され、競りに参加する為日本に送られたのだという。

この内、39kgの大洋マグロは1,200万VND(約6万4千円)で落札された。通常この種類のマグロの平均kg単価は1,240円/kg(約23,600VND)だという。

また、フック氏によると今回のマグロ8本(合計約390kg)は、専門家の検査に合格してから日本の競りに送られたとのことで、一番高値で落札されたのは単価1600円/kg(約30万5千VND/kg)で、低かったのは950円/kg(約18万1千VND/kg)だったとのことだ。

日本の水産専門家達によると、今回ビン・ディンで捕れたマグロは日本市場で売られているマグロと品質がほとんど違わないとのこと。もし、このまま開拓・処理・保管面でいくつかの問題をクリアすることができれば、更に品質が良くなりもっと高値で売れるとのことだ。

現在、ビン・ディン省には漁船が9,600隻以上あり、その内1,200隻が大洋マグロを獲っている。2016年1月だけで730隻が出航し、大洋マグロを1,000トンを捕獲、2015年同期より7%多く捕れている。

また、ここ数日でも大当たりが続き、1隻あたり1.4〜1.8トンの収穫があったとのこと。
経費を差し引くと1隻あたりの利益は1〜1.5億VND(約53.5万円〜80万円)とのことなので、家族と楽しい旧正月を迎えられる模様だ。

現在、ビン・ディン省では、マグロ漁船25隻に日本の技術を用いた大洋マグロ釣り用の設備を取り付け試験運用中。また、日本の加藤グループとの提携の元、関連機関のメンバー及び120名の漁師の訓練プロジェクトを展開、処理改善・品質向上に努めている。

まず、輸出規準を満たしたマグロ漁師から、株式会社ビンディン水産がkgあたり17万VND(約円)で買い付けている。更に、日本の技術を用いたマグロ捕獲プロジェクトに参加している漁師達は、kgあたり5万VNDの補助金が付き、買い付ける企業も市場値段より20%高値で買ってもらえることになっている。


ソース:Zing News(2016年1月24日掲載記事)


グェン・ハー・ドン(Nguyen Ha Dong)氏の.GEARS社が初めて日本企業と手を結び共同制作したモバイルゲームが間もなくリリースされるという。

実力のある開発者としての名声を確実なものにする為、FlappyBirdの作者は、先月リリースされたばかりのSwing Copters2に続き、日本企業とモバイルゲームを共同制作する「N Project」と呼ばれるプロジェクトを公表した。

今回のプロジェクトは、.GEARS社と日本企業Obokaidemの初めての共同制作プロジェクトだ。
両社どちらともモバイルインディーズゲーム制作会社だと知られている。

Obokaidem社のゲームスタイルは.GEARSのゲームと類似しており、彼らも8bitピクセル画タイプのゲームに特化している。
代表例としては「PICK-XELL」というゲームだ(穴を掘り進んでダイヤモンド等のアイテムを発掘するアーケード型ゲーム)。

なお、現時点ではまだN Projectで制作されるゲームの内容については明らかになっていないが、パブリッシャーサイドからは今年中にiOS版でリリースする予定だとのことだ。
ちなみに、
Flappy Birdのようにヒットするかどうは、全く予想できない。


.GEARSについて
dotGEARSとも呼ばれる当社は、グェン・ハー・ドン氏によって設立されたモバイルゲーム制作会社だ。
当社のゲームはピクセル画ゲームに特化しており、シンプルだが難易度が高いというのが特徴だ。
2013年5月にリリースされたFlappyBirdは、2014年1月に突如大ヒットしたが、2月10日には取り外されている。
28日間で数千万ダウンロードを記録したこのゲームは、作者に1日50万USDの収入をもたらしたとされている。
なお、Flappy Birdは、AppStore史上類を見ない現象とされており、.GEARS社は最近Swing Copters2というゲームもリリースしたばかりだ。

Obokaidemについて
Obokaidemはマルチデバイス対応のゲーム(PC・モバイル向け)を制作している日本の会社だと知られているが、実際には当社のモバイルゲームへの注目度の方が高い。
当社のゲームもピクセル画ゲームに特化しており、ゲームプレイに凝っているが比較的遊びやすい。
なお、一番注目されているゲームは「Green the Planet」というゲームで、日本のGooglePlayの2015年度ゲームアプリの中で一番評価が高かったゲームだ。
ちなみに、当社の最新ゲームは「PICK-XELL」というタイトルで全世界に配信されている。



ソース:ZingNews(2016年1月13日掲載記事)


ここ数日、三浦監督に対する批判が高まる中、今までと違いVFFの幹部は誰も三浦監督の味方につけなくなった状況だ。

■台湾戦で勝利しても批判が集中
今までベトナム代表チーム及びU23の失敗が続いても、幹部達は三浦監督を支持していた。しかし、今回3点で勝利を手にしたにも関わらずVFFは良い評価をしなかった。

おそらく、VFF側はこの1963年生まれの監督への絶対的な信頼を失い始めたのではないかと推測される。数人が言うのならともかく、数百人、数千人規模での批判意見が集まれば、そうではないと反論しづらくなったのであろう。

日に日に三浦監督のサッカー哲学が不十分なものであるということが露呈しているのは確かだ。例えば、今回ベトナム代表は台湾との試合で勝利を手にしたにも関わらず、批判を浴びるなんていう事態は非常に珍しい。

このことは、今後三浦監督にベトナムサッカーを任せていくのは、数百万人ものファンと敵対することを意味しており、ファンの気持ちを囲い込むことに注力しているVFF側としてはあってはならない事態なのだ。


■VFFにとって日本は大事なスポンサー 
しかしながら、このタイミングで三浦監督との契約を切るのは、VFFとスポンサー並びに日本サッカー連盟との関係を考えるとそれも難しい。
 
三浦監督は今や、桜の国の代表としてVFFに来た救世主ということで定着しており、他のブランドでは、Vリーグのスポンサーをしている事実がある。三浦監督との契約を締結した際、VFFの会長であるレ・フン・ズン(Le Hung Dung)は、この契約はベトナムサッカー連盟と日本サッカー連盟の計画の一部だとも述べていた。
 
その友情の証として、具体的には三浦監督の月あたり約1万USD(約120万円)の報酬の50%を日本側が拠出しているのだ。
 
日本人の主導者を選んだのはVFFとしてはコストの節約になる。例えば、フランスのMarcel Desailly監督が要求したのは、月報酬が5万〜6万USD(約600万〜720万円)で、その他宿泊手当なども別途出さなければならず、ヨーロッパ勢の監督の要求は高いのだ。
 
また、VFFとしては、日本の知能を活用しようと考えたのは、ヨーロッパ勢の監督よりも三浦監督の方がアジア地域のことを理解しやすいであろうという期待もあった。
 
VFFは誰よりも、この2年間の契約はきれいな幕切れでありたいと願っており、なぜなら、今回の協力で良い印象が残れば、これからのベトナムと日本のサッカー業界の未来に大きな展望をもたらすであろうという期待があるからだ。


■AFFカップでの失敗でも契約は継続
VFFからの情報によると、AFF(ASEAN Football Championship)カップ2014でのベトナム代表チームの失敗以降、三浦監督の支持者は減ったという。ある専門家によると、三浦監督は選手の体力と精神力を鍛えるのは得意だが、戦略面についての印象はかなり薄いという。

しかしながら、VFFとこの1963年の戦略家を結びつけた事業家のことや、この時点での三浦監督への信頼が高かったことへの配慮があり、AFFカップ2014での失敗の分析は公表されていない様々な握手によって終了している。
 
なお、それ以降から現在に至るベトナム代表チームの戦いぶりは説得力に欠けており、三浦監督に対する支持率が大きく下がったと言いたくなくても、上がりづらくなったとは言えよう。
 
2011年では、VFFは事前の予告無しにFalko Goetz監督をバッサリ解雇したが、今回と状況が違うのは当監督はVFFが自ら探しだして100%自腹で報酬を払っていたという点だ。
 
三浦監督との契約は現時点で16ヶ月経過したばかり。
もし、VFFが三浦監督を途中解雇しないで今のようなまずい状態が続くようであれば、残り8ヶ月感は強制的な婚姻関係になってしまうであろう。


ソース:Zing News(2015年9月10日掲載記事)
--------------------
‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナムサッカー‬ ‪#‎ベトナム日本‬ ‪#‎ベトナムサッカー連盟‬ ‪#‎日本サッカー連盟‬ ‪#‎VFF‬ ‪#‎三浦監督‬


(※画像は元記事と違うイメージを使っています。)

ここ数年で、日本への労働輸出と言われる形で多くのベトナム人が日本に労働輸出されている。主な形態としては、実習生、留学(勉強しながら労働)が多いが、同時に脱走、万引き、マナー違反、ケンカ騒動などの問題も増えている。

記憶に新しいのが、ベトナム人をぬか喜びさせた日本への「ビザが免除される」というニュースで、実際にはビザが免除されたのはマレーシアとタイ(15日間)だけで、ベトナム人は相変わらずビザの申請が必要だという(手続きの手間がだいぶ緩和されたが)話だが、なぜ日本政府がそのようにしたのだろうか。

ここ最近5年で、日本に来るベトナム人の人数は急増しており、2010年で4万人だったのが、2014年では8.8万人となっている(2014年6月時点)。この増加率は、日本に住んでいる人数が多いトップ5カ国の中で一番高い(中国、韓国、フィリピン、台湾、ベトナムの順)。その内、60%が留学生(28,061人)、実習生及びその他(26,577人)となっている。(出典:日本法務省2014年6月発表データ)

年度20102011201220132014/62008年との比較
中国678,391668,644652,595649,078721,097+6%
韓国560,799542,182530,048519,740537,105-4%
フィリピン200,208203,294202,985209,183223,154+11%
ベトナム41,35444,44452,367  72,25688,312+114%


しかし大変残念ながら、この人数の急増と平行してベトナム人の犯罪も急増している点だ。
下記のデータは、2008年から2013年まであった日本でのベトナム人の犯罪検挙数とその人数だ(刑事犯罪数のみでその他特別な犯罪は含まれていない)。

ベトナム人年度2010201120122013増減数増減率2014
/6 
総数刑事検挙数1,5071,5521,2251,197-28-2.30%842
逮捕者数608582510839+329+64.50%521
窃盗刑事検挙数1,3911,4271,1181,018-100-8.90% –
逮捕者数488451408652+244+59.80% –


日本警察局からの2013年度の犯罪数に関する発表によると、ベトナム人の犯罪者数が急増しているという(2012年度で510人だったのが、2013年では839人と64.5%も急増)。更に、この数値が今後改善される見込みが無いとのこと。また、2014年6月までの前半だけで既に691人逮捕されており、その内521人が刑事犯罪で170人がその他特別犯罪となっている。この数は韓国人とフィリピン人の約2倍、中国人に続いて2位に付いているのだ。
(なお、日本に定住しているベトナム人の犯罪数に関しては、中国人に比べたらかなり少ない。)

また、この発表で更に注目しなければならないのは、実習生による犯罪数は1年で約2倍に増えており、留学生については、1年で4倍にも増えているという点だ。

年度20122013 増減率
総数51083965%
留学生88343290%
研究生6157-7%
実習生7314193%
永住者10999-9%
日本人との婚姻者2113-38%
その他9010820%
不法滞在者687815%

なお、日本における外国人の犯罪に関する報告書(2013年度及び2014年度前半)では、日本警察局はわざわざベトナムを特別ページを設けており、中国に続く2位の犯罪数の多い国家という扱いをしている。
また、ベトナム人犯罪者のうち68%が窃盗で、検挙数も逮捕者数も当局の最近10年の平均値を大きく上回っているとのことだ。

更に、本報告書では、ベトナム人は2人・3人・4人のように複数人での犯罪が多いということを特徴付けており、主に狙われるのはスーパーマーケット・ドラッグストア(化粧品、健康食品・ミルク・赤ちゃん用オムツ等を売っている)だ。また、ベトナム人窃盗犯がよく狙うのは、お米、ビール・酒、各種食品・健康食品・美容食品、化粧品、赤ちゃん用オムツ・粉ミルクなどで、その他も買い手のリクエストに応じて盗んでいるという。

これが全ての理由ではないにしろ、これらの数値を見れば、日本人がなぜベトナム人が嫌いなのかをみなさんは理解できたと思う。


ソース:GLODECO(2015年9月10日掲載記事)


7月6日、JVC(ベトナム日本医療機器会社:証券コードJVC)の経営戦略会議に集まった投資家達(主に外国株主)から、会長兼社長を務めていたレ・ヴァン・フォン(Le Van Huong)氏が拘留された事について一体何が起きているのかの質問が集中した。

JVCの20%近くの株式を所有する大株主である投資ファンドDI(ドリームインキュベーター)の代表は、事の真相を確認し具体的な解決策を出す為に直接ベトナムに来たという。
 
DIとしては、フォン氏が設備のシールを変えた等様々な噂を聞いているが、実際のところなぜフォン氏が拘留されているのかが分からないという。投資家としては事の真相がはっきりしていない為、政府機関にどのようなサポートをしてもらえれば良いのか具体的な解決提案ができなくて困っているとのことだ。
 
現任の会長である細野恭平氏によると、フォン氏は既にベトナムにある各病院との親密な関係構築ができており、更に販売能力も高かった為、現状フォン元会長不在によりJVCの営業活動に支障が出ているのは間違いないという。

その為、JVCとしてはすぐに営業活動の軌道に戻す為、販売管理システムの再構築を決定。これまで、フォン氏の縁故関係で成り立っていたコネクションを既存の販売チームに引き継ぎ、またそれだけでなく、当社も積極的に各病院を訪れてJVCの経営は継続していることを示すという。
 
今後、日本の投資家達のサポートにより、当社は通常通りの営業活動に戻すことができると信じているとのことだ。なお、現在JVCへ商品供給をしている90%は日立、富士フィルム、コニカ等日本の会社からだ。

日立の代表によるとJVCとは既に10年以上と取引しており、当社の商品のベトナムマーケットで販売する際の最重要パートナーだという。「日本政府からのODAも医療分野が重要項目になっており、このことからも日立とJVCは今後も良好な取引関係を継続するつもりだ」と語った。

JVCはこれまで多くの国内外の投資家達に注目されていた優良株だったが、元会長兼社長が逮捕されたことが影響し、2015年6月に入って株式が売却され連日底値を続けた。

JVCが証券委員会に提出した公文内容によると、フォン氏が顧客を騙した罪でハノイの公安によって起訴されたという。その後、当社はすぐに人事変更を行い、株主を安心させるよう様々な対処をしているが、現在、当社の株はホーチミン証券市場で警戒株として扱われている。

なお、15日連続の底値の後、当社の本日の株価は3日連続の天井値で取引終了し、9,200VNDで終わっている。


ソース:VNEXPRESS(2015年7月6日掲載記事)
--------------------
#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム証券市場‬ ‪#‎JVC‬‪#‎VietNhatMedicalInstrumentJointStockCompany‬ ‪#‎JVC事件‬ ‪#‎DI‬ ‪#‎ドリームインキュベーター‬ ‪#‎細野恭平‬

このページのトップヘ