ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

カテゴリ: ベトナム流通


ベトナムは、2020年以降にめどに時速160kmから200kmの鉄道を建設する計画だ。

先日、2020年から2050年に向けて高速鉄道を実現させる計画に関し首相の承認が得られた。これに向けて、まず各関連交通機関は現状の鉄道ルートの品質を向上させ、特に南部と北部の鉄道ルートを優先的に現代化し、時速80km〜90kmの乗客運送と時速50km荷物運送ができるよう注力する。

初期のフェーズでは、関連機関は高速運送を実現する鉄道及び1.435m幅のレールの研究を行い、北部と南部間の電気化、特に運送量の多い首都Ha NoiとVinh省やホーチミンとニャチャン間に注力し、また、その他各工業エリアと大きな港を結ぶ鉄道の開発も実現する方針だ。
 
それから、2020年から2030年にかけては、時速160km〜200kmを実現する鉄道の建設を行い、将来的には時速350kmまで向上させる計画だ。

また、首相は、2050年までに時速350kmの高速新幹線を完成させ、2050年以降に北部南部、Tay Nguyenだけでなく、アジアハイウェイ鉄道も完成させる計画の承認もしている。

なお、上記の計画によれば、全国のヒトモノの運送量の最低5%〜8%に対応することができ、特にハノイとホーチミンの30%に応えることができることが期待されている。

ソース: VNEXPRESS (3月9日掲載記事) 
http://vnexpress.net/tin-tuc/thoi-su/giao-thong/viet-nam-se-co-tau-cao-toc-200-km-h-3154975.html
--------------------
 

1月22日掲載記事
------------------------------
農業農村開発省より、1月21日から、アメリカからベトナムに輸入される全てのりんごは税関での保管または輸入業者の倉庫に保管され、検査合格証明書がないとマーケットに流通させない旨を告知した。

植物保護省の副局長Hoang Trung氏によれば、カリフォルニア州のBakerfieldにあるBidart Bros社から、アメリカから輸入されたりんごまた加工梱包済みのCaramelりんご製品がListeria monocytogenes菌に感染しているという報告を受け、現在全てのアメリカからのベトナムへの輸入りんごに対して検査を実施しているという。(なお、Listeria monocytogenes菌に感染したりんごを摂取すれば死に至る。)
 
2014年初めから現在までにアメリカからベトナムに輸入されたりんごは17,000トンで、輸入会社は全国で35社ある。
 
Trung氏によれば、アメリカからの報告を受けてすぐに各輸入会社に対し自主的に仕入れ元に関連りんごの輸入していないか確認をするように指示を出したという。
 
なお、現在アメリカからの輸入りんごの90%はWasinton D.Cからのものであり、消費者はそんなに心配する必要は無いとしつつも、念の為、アメリカからの輸入りんご全てに対して検査を実施することととしている。

また、現時点まで所植物保護省からまだ検査合格証の発行はされていない。

このページのトップヘ