ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

カテゴリ: ベトナムIT


10月28日朝、ベトナム中央銀行はメディア各社に対し、ビットコインはじめ各種仮想通貨はベトナムにおける合法的な取引通貨ではないとし、仮想通貨の発行、供給、使用するのはベトナムにおいて禁止する旨を通達した。

2012年版議定101、第4条第6項に基づき、現金以外での通貨取引方法として小切手、支払命令書、支払委任状、徴収委任状、銀行発行カード等、国家銀行が定めたもののみ合法だとしており、続いて同第4条の第7項に定義された方法以外での通貨取引は全て非合法であると書かれている。

そのうえで、2014年版議定96、第27条第6項版上記において、上記のような非合法とされる方法での通貨の発行、供給、使用した場合に1.5億VND(約75万円)から2億VND(約100万円)の罰金に処されるとしている。

なお、2018年1月1日から、ビットコインやその他の仮想通貨の発行、供給、使用を行った者に対して、2015年版刑法(2017年に改定済)の206条第1項に従い、処罰するとのことだ。

ベトナムにおける仮想通貨の状況については、ちょうど3日前に、FPT大学がビットコインでの学費払いを認める発表をし話題になったばかりだ。一部では、FPT大学はITの大学として先進的なアイデアで良いのではという意見もあったが、反対に国が管理していない仮想通貨で学費を払うには不安があるという意見も見られた。

これらの意見に対し、FTP大学側の責任者は、ビットコインでの支払いはアフリカや特にナイジェリア等の通貨の持ち出しが困難な学生には便利なものだと説明している。



ソース:TUOI TRE ONLINE (2017年10月28日掲載記事)


グェン・ハー・ドン(Nguyen Ha Dong)氏の.GEARS社が初めて日本企業と手を結び共同制作したモバイルゲームが間もなくリリースされるという。

実力のある開発者としての名声を確実なものにする為、FlappyBirdの作者は、先月リリースされたばかりのSwing Copters2に続き、日本企業とモバイルゲームを共同制作する「N Project」と呼ばれるプロジェクトを公表した。

今回のプロジェクトは、.GEARS社と日本企業Obokaidemの初めての共同制作プロジェクトだ。
両社どちらともモバイルインディーズゲーム制作会社だと知られている。

Obokaidem社のゲームスタイルは.GEARSのゲームと類似しており、彼らも8bitピクセル画タイプのゲームに特化している。
代表例としては「PICK-XELL」というゲームだ(穴を掘り進んでダイヤモンド等のアイテムを発掘するアーケード型ゲーム)。

なお、現時点ではまだN Projectで制作されるゲームの内容については明らかになっていないが、パブリッシャーサイドからは今年中にiOS版でリリースする予定だとのことだ。
ちなみに、
Flappy Birdのようにヒットするかどうは、全く予想できない。


.GEARSについて
dotGEARSとも呼ばれる当社は、グェン・ハー・ドン氏によって設立されたモバイルゲーム制作会社だ。
当社のゲームはピクセル画ゲームに特化しており、シンプルだが難易度が高いというのが特徴だ。
2013年5月にリリースされたFlappyBirdは、2014年1月に突如大ヒットしたが、2月10日には取り外されている。
28日間で数千万ダウンロードを記録したこのゲームは、作者に1日50万USDの収入をもたらしたとされている。
なお、Flappy Birdは、AppStore史上類を見ない現象とされており、.GEARS社は最近Swing Copters2というゲームもリリースしたばかりだ。

Obokaidemについて
Obokaidemはマルチデバイス対応のゲーム(PC・モバイル向け)を制作している日本の会社だと知られているが、実際には当社のモバイルゲームへの注目度の方が高い。
当社のゲームもピクセル画ゲームに特化しており、ゲームプレイに凝っているが比較的遊びやすい。
なお、一番注目されているゲームは「Green the Planet」というゲームで、日本のGooglePlayの2015年度ゲームアプリの中で一番評価が高かったゲームだ。
ちなみに、当社の最新ゲームは「PICK-XELL」というタイトルで全世界に配信されている。



ソース:ZingNews(2016年1月13日掲載記事)


ベトナム国内のスタートアップ達とIT業界人との会合の前にGoogleのCEOであるSundar Pichai氏はFlappy Birdの生みの親と路肩の茶店で30分間ほど親密な会話をしていた。

1時間ほど催されたベトナム国内のスタートアップ達との会合にて、GoogleのCEOはかなりフレンドリーな人間であることを積極的にアピール。彼は常時おもしろおかしく笑い自分は”何も特別なものは無い”ということを伝えた。

例えば、彼によると、「私が朝何時に目が覚めるかは、私の子供が何時に起こしてくれるのかにかかっている」のだという。
また、朝にコーヒーを飲むのが好きだとも話し、ベトナムコーヒーが大好きで、今回の出張のお土産に必ずベトナムコーヒーを買って帰るとも話した。

それから、彼はベトナム国内のスタートアップ達に対し、チャンスが来るまで忍耐強く待つべきだとアドバイスした。
彼曰く、中国もインドの成功したスタートアップ達も海外進出する前は国内市場に注力していたことを強調した。

今後5年から10年で、Googleは必ずベトナムのパートナー達と多くの契約を結ぶであろうと明言し、今後彼自身もちょくちょくベトナムに来るであろうと話した。


ソース:ZingNews(2015年12月22日掲載記事)


Easy TaxiとFoodpandaのサービス終了は、あドイツからやってきた大手IT資本のベトナムからの撤退を意味している?

Rocket Internet社は世界一のプラットフォーム構築を専門会社だ。当社は、アメリカで成功したスタートアップをコピーして、他の国で展開するというやり方で多くの成功を手にしている。

例えば、Easy Taxiはラテンアメリカで普及しており、イーコマース系プラットフォームについては、ヨーロッパとアジア諸国で成功している。

しかしながら、ベトナムマーケットにおいて当社はおもったようにうまくいっていない。

2015年初めにEasy Taxiはベトナムから静かに撤退した。ベトナムでのサービス開始当初は100万USD(約1.2億円)を拠出し多くのユーザーを集客するということを宣言していたが、1年間の活動でUberとGrabTaxiに勝てず、サービスを終了することになった。

それから、Easy Taxiに続き、当社のFoodpanda(フードデリバリープラットフォーム)も最近売却を余儀なくされた。FoodpandaがVietnammmに売却される記事がメディアを埋め尽くす前に既に業界で囁かれていたものだった。
一部のIT起業代表によれば、Foodpandaは既に同業他社に売却の打診をしていたという。

結果としてFoodpandaはVietnammmのものとなった。売却値は公表されていないが、今回の撤退劇で高値は付いていないことは確かだ。専門家によると、おそらく30万〜50万USD(約3,700万円〜6,000万円)がやっとだろうとのことだ。

更に追い打ちをかけるように、最近はZaloraベトナム(アパレルイーコマースプラットフォーム)の撤退の噂も出ている状況だ。

噂によると、ZaloraもFoodpandaとおなじように同業他社に売却の打診をしているとのことだ。

もし、Zaloraも撤退することになれば、ベトナムマーケットに残るRocketInternet社のサービスはLazadaのみとなる。

当社のベトナムにおける4つのサービスブランドでLazadaは一番有名で投資規模的にも販売商品数規模においてもかなり大きい。また、ベトナムで高い評価を得ているプラットフォームとして確立できているのだ。
その為、Lazadaも売却されるというのはさすがに考えにくい。合理的に考えればRocketInternet社は、ポテンシャルの低いサービスを売却して、大本命のLazadaに注力するというストーリーが合う。

しかしながら、Lazadaが良いと言っても利益がちゃんと出ているという意味ではない。

現在、ベトナムにおけるイーコマースのプラットフォームサービスはあくまでポテンシャルが高いと評価されているだけで、利益が出ていないのが実態だ。あるベトナム最大手の企業もこの分野に参入し、2年間投資してきたが結果は思わしくないという。

本分野の専門家達によれば、ベトナムのイーコマースは長期戦だとのことで、資本を回収するのに少なくとも5〜7年は必要だとしている。しかしながら、このことはRocket Internet社の短期勝負・短期勝利という投資原則に違反しているのは確かだ。

既に2つのブランドが去り、3つ目の撤退も囁かれているドイツ資本IT大手会社のこの状況を見ると、彼らのビジネス戦略はベトナムマーケットには合っていないことが分かるであろう。

現在Rocket Internet社はここ1年間で株価が40%も減っており、投資家達も我慢の限界が来ているようだ。

#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナムIT‬ ‪#‎ベトナムイーコマース‬ ‪#‎ベトナムeコマース‬ ‪#‎ベトナムビジネス‬ ‪#‎OnlineFriday‬
--------------------


ベナムのイーコマースデーとされる、2015年Onile Fridayイベントが間もなく12月4日の0時から24時までの1日限定でWebサイト http://www.onlinefriday.vn にて開催される。

今年のイーコマースデーは昨年に続き2回目になる。
その目的はイーコマースを営む企業と多くの消費者を集め、ベトナムのイーコマース業界を盛り上げることに貢献することだ。

2015年ベトナムイーコマースデーでは、多くの商品を割引価格で買えるだけでなくオンライン決済で送料無料になる優遇も受けられるのだ。

今回のイベントでの売上予想は2500万USD(約30億円)で昨年に比べて3倍になる見込みだ。
主催者側も多くの商品をそろえる為、既にこのイベントに向けて多くの企業と連携しており、イーコマース業界の発展に期待している。

2015年12月1日現在の主催者側の発表によると既に2000以上の企業が登録を完了しており、認可された販売商品は6万点以上になる。

決済面については既に銀行8行と決済関連会社が参加しており、12月4日のイベント当日にオンライン決済で購入するとキャッシュバックするサービスを提供している。

キャッシュバック額の上限は100万VNDで、キャッシュバック率は最高で50%になるというものだ。購入者がキャッシュバック額を受け取れるのは7日〜20日後でそれぞれの銀行によって異なる。

また、当イベントで多く販売される予定の商品カテゴリについては、ファッション、本、時計、デジタル機器、旅行、飛行機チケット、家具に集中しているという。商品種類はバラエティーに富んでおり、世界の有名ブランドも販売されるとのことだ。
Adayroi, Thegioididong, Lazada, Zalora, Lingo, Tike, Deca, NguyenKim, Hotdeal, FPTShop, Pico, Juno, Sendo, Megabuy, Shoptretho等々の大手イーコマースポータルからも多くの割引商品が大手有名ポータルからも出品される。

それから、今回のイベントのもうひとつ特徴としては、小規模の企業でも公平に商品が陳列表示されるWebシステムが導入されているという点だ。
当イベントが予め用意した一定の割引条件どおりに商品登録すれば、小規模の企業からの商品でも関係なく他の商品と同様に目立つ場所に表示させることができる(他の場所での表示と比べて20〜30倍も消費者の目を引く価値がある)

上記以外にも、価格比較とレビュー機能も多くの消費者に注目される機能で、もし、5つの悪いレビューが投稿された場合には直ちにWebサイトから表示されなくなり、その後主催者側と販売企業で確認して、特に違反していないことが確認されれば表示は再開される。

なお、2014年のOnline Fridayの統計では、1日で1000万PV以上を達成しており、今回の2015年Online Fridayは1500万〜2000万PVが予想されている。


ソース:ICT News(2015年12月1日掲載記事)

このページのトップヘ