ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

カテゴリ: ベトナム通信


現状、各キャリアが実施しているスパムSMS監視システムは約330万通ほどしか遮断できておらず、現実的な数量とはほど遠い。

Bkavグループの統計によれば、2015年後半6ヶ月においてのスパムSMS配信数は1,390万通あり、2014年同期間と比べて40万通ほど増えている。特に、祝日・テト(旧正月)期間などの休暇期間中は、携帯電話の利用ニーズが増える為、それに伴いスパムの配信数も急激に増えている。
この状況に対して、各キャリアが遮断できているのはわずか330万通しかないのだ。

また、Bkavグループの専門家によると、スパムSMSの主な配信元は、使い捨てSIM、OTT(無料SMS配信サービス)、デジタルコンテンツサービスからの配信の3種類だという。原因としては、配信にかかる費用に比べて期待できる利益が大きいことと、プリペイド型SIMの登録管理制度が徹底されていないことから多くの人がこれを悪用しているのだ。

なお、今年のテトに関して、情報通信省情報安全局局長のグェン・タィン・ハイ(Nguyen Thanh Hai)氏の報告によると、昨年のテトよりもスパムの配信数はかなり下がったとのこと。各キャリアで遮断できた配信元は約12万件で同期間に比べて4倍増えている。また、遮断間違いのクレームも来ていないとのこと。

2015年、各通信キャリアが遮断できたスパム配信元は約100万件近くに上り、違法SMSサービス番号を361件のサービスを停止、更に52件解約している。

更に情報通信省によると、現状のプリペイドSIMの管理はかなり困難な状況にあるという。というのも制度がかなりゆるい状態にあり、マーケットに既にアクティベートされているSIMがあふれている為、通信キャリア各社も手に負えない状態だとのことだ。
 
最近、情報通信省によって主催された関連会議では、5分間以内に送信できるSMS数を5通まで、1時間以内は20通まで、1日50通まで、プリペイドでも後払いと同じように契約書での登録義務を課すなどの具体的な提案も出されている。


ソース:VNEXPRESS(2016年2月21日掲載記事)


情報通信省はこの度、各携帯キャリアとMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)サービスについて会議を開催し、技術面と施行スケジュールについて話し合った。

会議結果によると、Vittel、VNPT、MobiFoneの3大キャリアは、3ヶ月後に技術検証を開始することを同意したとのことだ(昨年末に出された予定よりも6ヶ月の遅れ)。
3大キャリア各社は、12月から通信局の中央ネットワークとの自社のネットワークの連携技術の検証を行うという。なお、本サービスの正式リリースについては、2017年の頭からの予定とのことだ。


■ミニキャリア各社は先延ばしを要望
9月11日今朝の会議では、3大キャリアが本サービスの推進に同意したのとは反対に、小さいキャリア各社は時期の先延ばしをリクエストした。この内、Gtelの代表は会議に欠席し、Hanoi Telecom(Vienamobile)については、技術試験を2017年12月からにしたいとの要望を出した。なお、Hanoi Telecomについては、現在会社のビジネスモデルの変更を行っている為、本サービスの技術投資がまだできないとの理由だった。
しかしながら、情報通信省の代理人を務めるファム・ホン・ハイ(Pham Hong Hai)氏によると、3大キャリアが本サービスを提供することに同意しただけで、ベトナムの携帯電話利用者の90%以上を網羅できたことになるとし、もし、他のキャリアがこのスケジュールに間に合わなければ、情報通信省としては利用者に対してこのことを一般公開するとともに、今後遅れて実施する際にもこの旨を公知させるとした。

本会議では、Viettelから情報通信省に対して技術の標準化を請願し、正式リリースに向けて各社の技術統一化、法の整備が必要だと提議した。


■今後の実施要項
上記代理人のハイ氏によると、まず、2つの政策を決める必要があるとし、1つ目は同じ番号を維持したままキャリアを変更するのにかかる時間で、2つ目はそれにかかる費用だ。
利用者が、実際にサービスを利用したらどれぐらいの時間とお金がかかるのかを情報通信省で現実に沿って検討し、政策を決める方針だという。

技術面では、情報通信省からの意向として、400万個の番号へのサービス提供を3年間、更にキャリア変更回数無制限で対応できるシステムを各社に要求した。

また、今後のMNPを利用する際のフローについては7ステップを要求した。

Step1: 利用者からの変更リクエストを受理
Step2: 前提条件を確認
Step3: キャリア変更スケジュールを作成
Step4: キャリア変更を実施
Step5: データの更新
Step6: データの同期
Step7: 利用者への完了報告

なお、MNPについては、旧郵政通信省(現情報通信省)が2006年年からの提案だったが、本議案が承認されたのは2013年の9月だ。
本議案の内容としては、利用者が電話番号を変えずにキャリアを変更することができるというもので、目的としてはキャリア各社のサービス競争につなげ、サービスの向上とリソースの効率的な利用を促進につながるというものだ。

現在、世界でMNPが提供されているのは70カ国で、主には先進国であるアメリカ、日本、イギリス、オーストラリア等だ。なお、各国のキャリア各社は本サービスの手続きをいかにシンプルにするかを競い、利用者の獲得に努めている。

ベトナムでは、Viettelが頭番号091(Vinaphone所有)と090(MobiFone所有)を098という番号に置き換え後7桁は同じ番号を登録できるようにし、なんちゃってMNPを実施している。なお、Viettelに続き、利用者を獲得する為、2番目に同様のサービスを提供したのがS-Foneだ。


ソース:VNEXPRESS(2015年9月11日掲載記事)
http://kinhdoanh.vnexpress.net/tin-tuc/doanh-nghiep/thue-bao-di-dong-co-the-chuyen-mang-giu-so-tu-thang-12-3277642.html
--------------------


VNPT-Vinaphone(携帯電話キャリア)のCEOであるルォン・マィン・ホアン(Luong Manh Hoang)氏が記者会見で今後VinaPhoneを1位にすると宣言。
しかしながら、ほとんどの人はその1位という数字の根拠がなんなのか分からなかった。

VNPT-VinaPhoneのリリース式典にてホアン氏は短い記者会見を行った。
本記者会見が行われたのはJW Marriott(ハノイ)ホテルにある会場の外隅で、サービス紹介の音響が大きく響いていたため、記者達はホアン氏からあまり多くの情報を聞き出せなかった。

しかしながら、多くの記者が疑問を感じたのは、ホアン氏が提示した数値の数々であった。
例えば、シェア1位の奪取、2020年までの年間利益成長率は49%というもので、更に利用者数、利益、品質、カスタマーサポートの4項目すべてでも1位を取るという。

これらについて、業界関係者の誰もがあり得ない目標だとしている。

VNPTの元幹部の分析によると、MobiFoneの目標が2020年100兆VND(約5,464.5億円)で、更にViettelが2015年時点で230兆VND(約1.257兆円)を掲げているのに対し、VinaPhoneの2020年の目標売上を83.5兆VND(約4,562.8億円)ので、ユーザー数でもとうていおよばないはずなのに、1位とはおかしな話だとしている。

また同氏は「VinaPhoneがカスタマサポートの品質面で1位になるというのも奇跡みたいな話で、これまでにVinaPhoneはカスタマーサポートで高く評価されたことは一度もないからだ」という。なお、同氏によると、MobiFoneの代表であるカオ・ユイ・ハイ(Cao Duy Hai)は、かつてVinaPhoneの代表を務めた経験があり、この問題に詳しいはずだと付け加えた。

また、同氏によれば、ホアン氏はかつてインフラ専門の通信会社の代表を務めたことがあるが、経営経験も浅くカスタマーサポートについても勉強する時間が必要であるとし、その為、カスタマーサポートの品質が急に良くなるとは考えにくいという。

しかしながら、VNPT-VinaPhoneの代表を務めるホアン氏にも言い分がある。

経営経験が浅いという記者の指摘に対しホアン氏は、「経営経験が浅いからって良い経営ができないとは限りません。生活の中で経験が無いことが有利な時もある、経験が無いおかげで、新しいアイデアを吸収しやすく、近代的で古い伝統に縛られない決断ができると思います。」と回答している。

VNPT-VinaPhoneを1位にするという目標を達成できる為に、ホアン氏曰く、組織が成功するためには、ヒトが一番重要だとのことだ。その為、今後VNPT-VinaPhoneは、社員の情熱を引き出し、活発でクリエイティブかつ貢献心の強い人財を育てていく政策をとるとのこと。

このことに対し、Zing.vnの取材に応えてくれた同社の上級幹部は苦笑いを隠せない。

しかしながら、同幹部によると2020年までの成長として年間利益率49%の成長については根拠があるという。というのも、MobiFoneから離脱後、VinaPhoneの利益率は大幅に下がっている為、今後大幅に成長するのは普通のことであるとした。一方では、通信業界ではやれるかやれないかが重要であって、49%どころの話ではないとする。もし、ちゃんとやらなければ利益は危険信号を発するとのことだ。

また、同幹部は、「重要な事は本組織に在籍する15,000人の社員が掲げた経営目標に向かってより一層の努力しなければ達成することはできません。しかしそれができるようにする為には明確な目標が必要で、ただ数字を3だの4だの言っても誰もがんばれません。その為、15,000人の社員の士気を上げるためにホアン代表が1位と言っているのです。」と漏らした。

更に、同幹部は、「その決意を示す為、VNPT-VinaPhoneはこれまで通信キャリア各社の間にあった”紳士協定”を壊すということを実践しています。例えば、ネットユーザーらしさを強調した面白いキャラクター画像を数万人もの人達に拡散された25億分間の無料通話キャンペーンを実施したり、今後も続けてこれまでの伝統的なルールを打ち破るような信じられない面白いキャンペーンを実施する予定です。」と締めくくった。


ソース:Zing News(2015年9月1日掲載記事)


最新情報によると、モバイルキャリアBeelineカンボジアは、3月24日からViettelカンボジアが展開しているMetfoneに吸収されることが分かった。


■Beeline
2012年4月にVinpelCom(ロシア)社が合弁先GTel Mobile社(ベトナム)に全株式を売却したのと同時に、ベトナムから撤退。

■Viettel
Viettel(ベトナム軍隊傘下のモバイルキャリア)は、2014年の売上が197兆VND(約1兆1154億円)に達し、国営企業約1000社の全体売上に対して12%を占めており、利益はその23%にあたる。
 
海外での投資については、Viettel社は既にペルー及びカメルーンにも展開し始めたばかりで、現在世界で9カ国に対してサービスを提供している状況だ。なお、海外からの総売上は12億USD(約1450億円)で、2.78億USD(336億円)の利益を出している。

ソース:TUOITRE ONLINE(2015年3月20日掲載記事)
http://nhipsongso.tuoitre.vn/tin/20150320/mang-beeline-sap-nhap-viettel-tai-campuchia/723116.html
-------------------- 
‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナムモバイルキャリア‬ ‪#‎ベトナム携帯キャリア‬ ‪#‎Vittel‬ ‪#‎ベトテル‬ ‪#‎Beeline‬ ‪#‎ベトナムとカンボジア‬ ‪#‎ベトナム軍隊‬ ‪#‎ベトナム国営企業‬ 

このページのトップヘ