ベトナムニュース速報

ベトナム経済・ベトナム社会関連の現地ニュースをいち早く日本語に翻訳してベトナムに興味のある方に届けます。

カテゴリ: ベトナム農業


農業・農村開発省によると、家畜への使用禁止になっているSalbutamolが薬の製造用にのみ輸入が許可されていたということについて、実態はほとんどが薬の製造に使われていないとのことだ。

■ベトナム人がベトナム人を毒している

大きな利益が得られることから、ほとんどの企業が消費者の健康被害を気にせず、本禁止物質を輸入しても薬の製造に使わず、家畜農家に横流ししていた。

600万頭以上の豚が禁止物質を食べていた。

農業・農村開発省検査主任のグェン・ヴァン・ヴィエット(Nguyen Van Viet)氏によると、警察局環境犯罪(C49)課の報告資料によれば、2015年の1年間でSalbutamolを輸入したのは20社で総量9140キログラムになる。その内3トンほどは、各社の倉庫に保管されており、他6トンが市場に販売されているが、その内で規定通りに使用されているのはわずか10キログラムだけだったとのことだ。

「私達の調査で分かったのは、ほとんどの業者が豚を出荷する1ヶ月前頃にこの禁止物質を使っているという、この時期は豚が規準の重量に近くなっており、脂肪が多く生産され、餌の消費も激しい時期です。

また、この禁止物質を使うと、売る側も買う側も好むきれいな豚肉になるということも分かっています。

もし豚一匹100〜110キログラムを売りたい場合、この禁止物質が食べさせられるのは80キログラムぐらいの時期で、同様にもし、130キログラムで販売するなら、100〜110キログラムの頃に禁止物質を食べさせられているのです。

なお、1日あたりの消費量は3.3kgになるので、1ヶ月で100キログラムほどの禁止物質が入った餌を食べさせられていることになります。

それから、100トンあたりの餌にこの禁止物質は1キログラム使用されており、そこから計算すると6トンほど市場に出回っているので、60万トンもの豚の餌にこの禁止物質が入っていることになり、上記の1ヶ月あたり100キログラムから算出すると、600万匹に相当するとし、市場に出回っている2,800万匹の20%以上にもなるのです。

現在、この禁止物質の密輸ルート等については発見していませんが、少なくともほとんど正式なルートで薬の製造目的として輸入されていることは分かっています。」とヴィエットは続けた。
 
ドンナイ省家畜農家協会副会長であるファム・ドゥック・ビン(Pham Duc Binh)によると、この問題を中国のせいにしてはならないという。

その理由としては、中国でもこの物質の家畜への使用を禁止しており簡単には購入できないとのことだ。

「ベトナムに正式なルートで輸入されているだけではなく、この禁止物質は長年豚飼育に使われており、特に言いたいのは、この豚肉がほとんどベトナム国内で消費されていたということです。これは、明らかにベトナム人がベトナム人を毒しているのです。」とビン氏は話した。


■法律を色んな方法でかいくぐっている

販売業者によると、この禁止物質を食用した豚は国内でしか販売できないという。
というのもこの禁止物質が使われた豚のほとんどは、骨がもろくなっており、輸出などで運搬する過程で骨が折れてしまうからだ。また、海外では輸入品質検査が厳し為、禁止物質が見つかりやすいとのことだ。

更に中国を行き来している商人であるグェン・クォック・チュン氏によれば、「南方から中国との国境を肥えて豚を中国に輸送しようとしても、途中で多くの豚が死んでしまう」とのことだ。

今回のような事態を引き起こしている一番の原因は、農業・農村開発省と厚生省の連携・管理不足によるもので簡単に禁止物質が輸入できてしまったのであり、更に商売上の高い利益と軽い罰則が、これらの業者を止められなかった原因だ。

ドンナイ省家畜農家協会によると、これまでの状況を見ると、当局が禁止物質を発見できるのは非常に難しい状況だという。

というのもドンナイ省では、大きな規模の家畜牧場が2000箇所近くあり、更に数万もの小規模家畜農家も存在しているのにも関わらず、
関連当局の調査は年間に数回ほどしかなく、1回の調査で40〜50箇所しか実施しない為、これでは禁止物質の管理ができるわけないのだ。
 
また、上記のチュン氏によると、ほとんどの大きな家畜農家のオーナーは既に関連当局への対処方法を心得ており、出荷の10〜15日前になると、禁止物質の使用を止め、ビタミン剤や利尿薬等を食べさせ禁止物質の濃度を下げて検査を受けさせるという。その為、簡易検査機では基準値よりも下がっている為、当局の獣医には発見できないという。

更にもっと上手のオーナーもいて、彼らは簡易検査機を購入して予め自分達で検査しておき、陰性だったら出荷するというようなことも行っているとのことだ。

それから、ドンナイ省家畜農家協会副会長であるビン氏によると、この禁止物質が使われている豚は通常の禁止物質が使われていない豚よりもキログラムあたり2,000VND(約10円)高く売れるとのことで、このことが更に家畜農家の禁止物質利用を促進させている原因とのことだ。

現実として、多くの家畜農家はこの禁止物質を自主的に使っており、購入する業者も高い価格を提示して禁止物質の使用を推し進めているのだ。


■禁止物質:輸入価格150万VND(約7,600円)/キログラム、販売価格1500万VND(約7万6千円)/キログラム

Salbutamolは、ぜんそく治療用の薬の製造に使われる物質として厚生省に輸入を認められている。

しかしながら、当局の管理機能が低く、キロ単価150万VND(約7,600円)/で輸入できて、キロ単価1,500万VND(約7万6千円)で家畜農家に売れるという高い利益率に、多くの業者がこれを輸入しては家畜農家に販売。

ベトナム内分泌学会実行委員会委員のDr.チャン・バー・トアイ氏によると、これまでの研究で分かっているのは、ベトナムでぜんそくにかかる成人は4.1%しかおらず、薬の製造に必要なSalbutamolは10キログラムで充分だという。

それなのに、9トン以上ものSalbutamolが輸入されているのだ。

つまり、ほとんどのSalbutamolは家畜農家に販売されていることになる。

農業・農村開発検査主任のグェン・ヴァン・ヴィエット氏によると、今回の調査で禁止物質がほとんど正規のルートで輸入されていたことが分かったので、現在当局によって輸入した業者などの在庫を監視し、これ以上の市場への流出を防ぐことができるという。


■どのような健康被害があるのか

Beta-agonist成分グループであるSalbutamol、Clenbterol、Ractopamineをある一定の量を食べると、豚ははモモ・尻が肥えやすくなり、重量も増え、脂肪分が減って肉質が増えるという。

しかし、人がこれらの豚肉を食べると、SalbutamolやClenbuterolが体内に残り、時間の経過に連れて心臓血管に悪影響し、心拍数増加、血圧増加、身体の震え、消化不良などを引き起こし、悪いケースでは他の病気などを引き起こしたり、命に関わる事態にもなる。

世界中の国々では、既にこのbeta-agonist成分グループの家畜への使用を禁止しており、ベトナムも2002年から使用禁止物質リストに入っている。


ソース:TUOI TRE ONLINE(2016年3月22日掲載記事)


メコン川上流の水力が不足し、ここ90年で一番低い水位を記録。その影響で歴史上類を見ない塩水侵食によって数十万もの人々が真水不足に見舞われる事態となった。

3月7日朝、首相グェン・タン・ズン(Nguyen Tan Dung)とエリア内各省の農業分野の幹部達とのメコン川の塩水侵食防止・問題解決についての会議がカントー市で開かれた。

農業・農村開発大臣であるカオ・ドゥック・ファット(Cao Duc Phat)氏の報告によれば、2014年末からエルニーニョ現象がベトナムに影響し、土熱が上昇、雨量不足を招いた。このことが原因で干ばつ、塩水侵食を引き起きしており、農業や国民の生活に多大なる被害を与えているとのことだ。

現在、被害が一番大きかったのはメコン川エリアで何中部・高知・東南部が主に被害を受けている。今後の予想によると、エルニーニョは引続き2016年も影響し、ベトナムで一番長い被害期間になるであろうとのことだ。

ファット氏によれば、残りの乾季の期間中に、メコン川の土熱は従来の平均気温より0.5〜1.5度高く、最高気温が33〜37度にもなるという。雨季は遅れ、雨量は従来よりも30〜60%不足し、更には流水力も30〜50%落ちる見込みだ。


■歴史上類を見ない早期の塩水侵食

農業農村開発省の報告によると、2015年の雨季は開始が遅く、終了が早かった為、メコン川の上流からの流れが不足し、90年来で一番低い水位を記録したという。その影響で塩水の侵食が従来よりも約2ヶ月も早く出現し、今までの歴史で類を見ない早さだという。

3月6日時点までで、ヴァム・コ(Vam Co)川エリアの塩水濃度は最高を記録し8.1〜20.3g/リットルと、従来よりも5.9〜6.2g/リットル高い。濃度4g/リットル級での侵食範囲も、従来よりも10〜15km広い、90〜93kmを記録した。

ティエン(Tien)川、ハウ(Hau)川、カイ・ロン(Cai Lon)川にある西海沿岸などのエリアを見ると、最高濃度はそれぞれ、14.6〜31.5g/リットル、16.5〜20.5g/リットル、11〜23.8g/リットルを記録した。これらの濃度は従来よりも2.1〜6.4g/リットルも高く、濃度4g/リットル級の侵食範囲はそれぞれのエリアの45〜65kmを記録し、従来よりも5〜25km広いのだ。

なお、現時点までに塩水侵食被害を受けているのは、
西部の11省になる。
その内、ロンアン、ティエンザン、ベンチェ、チャヴィン、ソックチャン、バックリウ、キエンザン、カマウ、ハウザンの9省の被害が深刻で、ベンチェは特に水田の70%の面積が被害を受けている。他にキエンザン省とカマウ省は2015年末頃から被害を受け、85,000ヘクタールもの水田が被害にあっている。

農村農業開発大臣であるファット氏によれば、2015年末から現在にかけて、139,000ヘクタールもの水田が被害が受け、その内、86,000ヘクタールが70%の生産力減、43,000ヘクタールが30〜70%減、9,800ヘクタールが30%減などの被害が挙げられる。
他には、ベンチェ省では、ホテルや学校、病院などが真水不足に陥っているとのことだ。


■深刻な天災

上記のファット大臣は、今回の天災は西部に深刻な被害をもたらしていると述べ、全ての政府機関・各省・各都市が協力して、この干ばつと塩水侵食対策をしなければならないと訴えた。

特に塩水侵食は、カマウ、キエンザン、チャヴィン、ベンチェ、ハウザン、ロンアン、ティンザン、バックリウなどの河口や沿岸エリアにも影響しており、これらのエリアは水道水の供給を受けていなく、そのままの地表水を利用しているだけにかなり深刻だ。

現在、西部の155,000世帯約575,000人が水不足の被害にあっており、その内144,000世帯が水道水を受けていなく、11,000世帯が水道水を利用している。特に、ベンチェではチョラック(Cho Lac)の4社を除いた全てのエリアが塩水侵食被害を受けている状況だ。

今回の天災は、予め予測されており、2015年10月から政府はオンラインで各省との対策会議を開いていたという。
そして1ヶ月前に、首相承認により、各省地方への干ばつ塩水侵食への対策が指示された。その後に、それぞれの地方に対してどのような資金的な支援をするかも決議されるという。

現在、農業農村開発省は海外機関と連携し、灌漑工事、ワンガイ省からキエンザン省までの海の堤防の強化に関する調査を行い、2016年〜2020年までの目の前の対策計画と中期対策計画を出してそれぞれの実施優先順位を決めているところだという。


ソース:Zing News(2016年3月7日掲載記事)


スターバックスがベトナムコーヒーを56各国21,500店舗全店で販売することを公表したのは非常に喜ばしいニュースだが、同時にベトナムコーヒーの弱点も多数露呈された形となった。

スターバックスという大型コーヒーフランチャイズにベトナムコーヒーが”Da Lat Blend”という名前のパッケージで登場したことは多くの人を驚かせた。しかし、スターバックスに入っただけでも難しかったが、今後どうなるかについての疑問されている。

■スターバックスへの参加
 
”Viet Nam - Da Lat”という名前が付いたベトナムコーヒーのパックはスターバックの高級Reserve品として登場した。250グラムのこのパッケージは12.5USD(約円)で販売されている。シンプルだが印象的な形で、ベトナムコーヒーは高価な商品として認識されているのだ。

スターバックスは生産地も忘れずにDa Lat(ダ・ラット)を記載している。ダ・ラットは花の街でコーヒーを生産するのに理想的な土地であると強調。ダ・ラットで生産されるコーヒーは溶岩の証である赤土と高原の涼しい気候の中で育まれているのだ。

スターバックスの高級専門家であるLesllie Wolford氏(女性)によると、「ダ・ラットからサンプル品を受け取った時、私たちはその品質にとても喜びました。新鮮な酸味、cola種の香り、バターとバニラなど色んな種類と混ぜやすく様々なコーヒーの種類を作ることができる。」と話す。

有限会社Chanh Tinh Anhコーヒーの代表であるグェン・ワン・ビン(Nguyen Quang Binh)によると、スターバックスの商品として仲間入りする為には、香り、味、安全製、原材料の安定供給などの基準をパスしなければならない。ベトナムは現在インドネシア、ケニア、ルワンダ、ブラジル、コロンビア、グアテマラに次いで7番目にスターバックスにコーヒーを提供する国となった。

業界の長年の目標であるベトナムコーヒーを世界に認められる為の努力は、スターバックスの商品の仲間入りした形でひとつの印を付けることができた。

Mondelez International社も最近ベトナムの農家向けにコーヒー栽培と経営の訓練所を開設することを発表。その投資額は2億USD(約円)にも登る。なお、当社は2020年までに1,500人の農民を育成し、4C基準を満たす7000トンのコーヒー原材料の安定供給ができるようにすることを目標として掲げている。

しかしながら、株式会社ブン・マー・トゥット(Buon Ma Thuot)コーヒー及び商品取引局のチャン・タィン・ハイ(Tran Thanh Hai)氏によると、今までも多くの外資企業がベトナムの農家にコーヒー栽培育成してきたが、そのほとんどがベトナムというブランドを隠してきた為、長年ベトナムコーヒーが世界での認知度が無かったのはそのせいだと話す。


■難しいところに賢さがある?

スターバックスで売られているベトナムコーヒーは既に焙煎済のもので原料はArabica種コーヒー豆だが、実は、このことがベトナムコーヒーにとって問題になっている。

例えば、チュン・グェン(Trung Nguyen)コーヒーは、これまでG7というブランドを構築し、中国、アメリカ、シンガポールで販売しているが、年間輸出量160万トン、輸出額30億USDにもなるコーヒーを輸出しているベトナムの中としては、まだまだ小さい規模だ。

ベトナムコーヒー業界の計画では、2020年までの目標として、焙煎済コーヒーを産出量の30%を占めるようにしたいとしているが、ベトナムではコーヒーの焙煎技術が発展しておらず、焙煎済コーヒーは全体の7~8%しか占めていないのだ。

このことについて、ベトナムカフェ・カカオ協会(Vicofa)の副会長であるグェン・ナム・ハイ(Nguyen Nam Hai)氏が、ここ10〜15年ベトナムコーヒー業界は失敗したと言っていたのは無理も無い。

一方で、Intimexグループの代表であるドー・ハー・ナム(Do Ha Nam)氏によると、焙煎済コーヒーは確かに利益率が高いが、企業はその方向に投資できない話す。なぜなら、そこに参入すると世界の大手企業と競争しなければならなくなるからだという。だから、ベトナムコーヒー業界は世界の焙煎企業に原料の供給するところで留まってきたのだという。

Tay Ngyen(西武高原地域)指導部副部長のチャン・ヴィエト・フン(Tran Viet Hung)氏によると、ベトナムは現在世界2位のコーヒー輸出国であり、Robustaコーヒーでは世界1位にも関わらず、本当の意味でのベトナムコーヒーブランドが見つからないという状況にある。

その原因は、ベトナムは世界の有名な焙煎企業に原料を供給するのにとどまっており、それらの企業は自社ブランドとして販売しているからだという。

現状のようにベトナムオリジナルブランドの価値向上、焙煎技術の発展にも躊躇している状況では、ベトナムでArabica種のコーヒーを作るのも難しい話だという。

Tay Nguyen農林技術科学院の院長であるレ・ゴック・バウ(Le Ngoc Bau)氏によると、Arabica種のコーヒーを栽培するのに、20〜22℃の気温で海面標高1,000〜1,600メートルの土地で育てなければならないという。

ベトナムには、ダ・ラット(Da Lat)、イェン・バイ(Yen Bai)、ディエン・ビェン(Dien Bien)、ワン・チ(Quang Tri)、ゲ・アン(Nghe An)などでこの条件に適した土地がある。
しかしながら、必要な輸出量に対応するためには、大きな産出量、安定供給元が必要となる。ちなみに、Arabica種コーヒーは豆の品質を維持するために難しい湿式処理が必要だとも言われている。

Vicofaの会長であるルォン・ヴァン・トゥ(Luong Van Tu)によると、ベトナムが産出しているコーヒーの90%がRobusta種コーヒーだ。
その為、今後もスターバックスのような大手フランチャイズに参加するには、かなり長い道のりになるであろうとした。


ソース:Zing News(2015年9月23日掲載記事)


コメの輸出が日に日に困難になっているにも関わらず、実は、米製麺品のフーティウやフォー等が日本、アメリカ、フランスへの輸出が増加していた。

■今、米製麺が好まれている
Dong Thap省Sa Dec市にある、株式会社Bich Chi食品のファム・タン・ビン代表によれば、当社の2014年度の税引前利益は500億VND(約2.83億円)で、資本金よりも上回っているというのだ。ビン氏によれば、「多くの人はこのことを信じてくれませんが、この数値は既に公開しており、株主に配当金も出しています。全ては米製品のおかげです。」とのこと。

現在、Bich Chi社では、160種類以上の加工食品を生産している(フォー、フーティウ、ブン等)。
2014年度の生産量は2万トン以上で、そのうちの60%は輸出しており、残りは国内のスーパーマーケットに出荷しているとのことだ。

なお、当社の商品は、ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国、その他ASEAN諸国に広く販売されている。

ビン氏によれば、「例えば、私達のフォー麺は日本で販売されて既に12年経ちますが、日本にあるベトナムレストランを訪れた際に私達のブランドのフォーが使われているのを見ると非常に嬉しく感じます。日本人はベトナムのフォーが好きですね。それから、フランスのパリでは、120店舗以上がベトナムから輸入したフォーを出しているお店があります。フランス人はフォー等の米で作られた麺類が大好きです。」とのことだ。


■イオングループ全店舗で販売予定
他には、同じくSa Dec市にある株式会社輸出Sa Gian社も、2015年3月頭に2週連続で日本から専門家が工場視察及び商品の検査に訪れている。彼らは、イオングループの日本を含む世界中の全店舗でベトナムからのフォーとブンを販売する計画だとのことだ。

なお、当社のマット・ビッツ・クァイ副代表によると、「日本の専門家の検査は完了しており、厳しい品質基準に合格したとのこと結果をいただいています。ただ、私達としては生産が追いつかないのではないかという不安はあります。というのも、日本向けの製品用にこれまでのマーケットで生産していた200〜400g/パックではなく、10〜50g/パックを要求されているからだ。しかしながら、輸出価格が大変好条件だったので、3月中旬から私達は要求された商品の輸出を開始しました。」とのことだ。


■米の輸出価格の4倍
Bich Chi社のビン氏によれば、米の輸出価格よりも米製品の方が価格が4倍とのこだ。例えば、輸出する米の価格は1万VND(約57円)/kgに対し、フォー麺の輸出価格は2USDで約4万4千VND(約249円)になる。
フォー麺1kgあたりに使われる原材料の米は1.1kgで国内仕入れ価格は当然ながら輸出より安い、あとは労働力や施設等々が加算されていくのだが、明らかに米製品を輸出した方が利益が高いとのこと。

これらから分かるように、アメリカ・日本・フランスなど品質基準の高い国でベトナムの製品が受け入れられているようになったことから、現在Bich Chi社とSa Gian社は積極的に商品の研究開発や新しい設備の導入を実施しており、生産量拡大を図っている。

Sa Dec市経済局のグェン・クォック・チャン(Nguyen Quoc Chanh)氏によれば、Sa Dec市での製粉で使われる米は約100トン、年間で農家から3.6万トンもの米を購入していることになる。「市としても、コメ製粉をメイン産業とし、投資や生産に関するセミナーなども開催しています。これによって、生産量の拡大、品質向上に活かせることができればと思っています。」と続けた。

ソース:TUOI TRE ONLINE(2015年3月21日掲載記事)
http://tuoitre.vn/tin/kinh-te/20150321/nhat-my-phap-mua-bun-gao-banh-pho-vn-lam-khong-xue/723419.html
--------------------
‪#‎ベトナムニュース‬ ‪#‎ベトナム経済‬ ‪#‎ベトナム農業‬ ‪#‎ベトナム米‬ ‪#‎コメ‬ ‪#‎フォー‬ ‪#‎Pho‬ ‪#‎フーティウ‬ ‪#‎HuTieu‬ ‪#‎イオン‬ ‪#‎AEON‬ 

このページのトップヘ